ACCESS

EVENTS 2017.10.16

Chromatography: The Color World of Scholten & Baijings


ハーマンミラーストアでは、10月26日(木)から11月10日(金)までオランダ人デザイナー、ステファン・ショルテンとキャロル・バーイングスによるデザインスタジオ「ショルテン&バーイングス」による展示 “Chromatography: The Color World of Scholten & Baijings”を開催致します。

ショルテン&バーイングスは2000年にアムステルダムを拠点とするデザインスタジオとして設立されました。職人技と工業的なプロセスを兼ね合わせて生み出される彼らのプロダクトは、ミニマルなヴィジュアル表現と専門的で卓越した色使い、そしてシームレスで対照的なパターンとして知られています。
彼らは「1616 / arita japan」「George Jensen」「BMW Group / MINI」「Established & Sons」「Thomas Eyck」「HAY」「IKEA」「Karimoku New Standard」「Moroso」などがクライアントに名前を連ねており、これまでスタジオの作品はエル・デコインターナショナルデザインアワードで3つ、ダッチ・デザインアワードで4つの賞を獲得しています。
2015年にはスタジオとして初の研究論文『Reproducing Scholten & Baijings』がファイドン社より発行されました。

また26日(木)からの展示に合わせ、翌27日(金)にはステファン・ショルテンとキャロル・バーイングスによるセミナーを開催致します。

【セミナー詳細】
■ 日時: 2017年10月27日(金) 10:30-12:00
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 50名

※当日の混雑状況によっては、立ち見になる場合もございますのでご了承下さい。

【お申し込み方法】
10月25日(水)までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「”Chromatography: The Color World of Scholten & Baijings” 参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡下さい。

HISTORY 2017.10.10

WHY Magazine: マックス・デプリー (1924 – 2017)


ハーマンミラージャパンホームページでは、デザイナーのビジョンやそれを手にとる人々、変化する場所など、それぞれの「なぜ」を紐解く物語、『WHYマガジン』を公開しております。

今回はハーマンミラーの創業者D.J.デプリーの息子で、元CEOのマックス・デプリーに関する記事をご紹介します。
マックス・デプリーは1980年から1987年までCEOの役職に就き、ハーマンミラーを世界的家具メーカーへと育て上げました。ハーマンミラーは、マックス・デプリー在任中の1986年に初めてフォーチュン誌の「米国で最も称賛される企業」に選ばれ、その後23年間にわたり21回の受賞を果たしています。また彼は、1992年に「ナショナル・ビジネス・ホール・オブ・フェイム」の殿堂入りを果たし、20年以上にわたり営利、非営利の両分野でリーダーを育成するメンターとして活躍してきました。

著書「響き合うリーダーシップ (LEADERSHIP IS AN ART)」は世界中で20年以上読み継がれ、今もなお読む人に深く静かに感動を与えています。
▷ 続きを読む

【WHY Magazine】
ハーマンミラーではデザインを通して思考し、学び、コミュニケートしています。デザインは新しいアイデアを共有し、人々が抱えている問題に解決策を提案するための言語です。

何(WHAT)をするか、どのように(HOW)するかを決定する前に、なぜ(WHY)なのかを尋ねなければなりません。WHYマガジンでご紹介するストーリーは、この(WHY)にフォーカスし、ご紹介しています。
ハーマンミラーにとって、デザインとは決して製品だけに関するものではありません。デザイナーのビジョンに始まり、それを手にとる人々や、変わっていく場所に至る物語なのです。是非WHYマガジンで、ハーマンミラーの仕事を動かしている「なぜ」を見つけて下さい。

EVENTS, NEWS 2017.09.30

モダンデザインシティライド with ハーマンミラー


– 建築と暮らし –

昨年から開催しているラファとのシティライドイベントを今年も開催致します。

今年のコラボレーションライドでは、ミッドセンチュリー以降の我々の暮らしについて掘り下げていきます。ハーマンミラーストアでのデザインセミナーからスタートし、モダンデザインを巡るシティライドは東京国立近代美術館で現在開催されている展覧会『日本の家』へ向かいます。
建築と暮らしという私たちにとって身近なテーマを掘り下げながら、秋の東京をいつもと違った目線で感じてみませんか。

ご参加を希望される方はリンクよりお申し込み下さい。
ハーマンミラーストアでのお申し込みは行っておりません。


【ご参加について】
日時: 2017年10月14日(土) 13:00~ 

13:00 – 集合 (ハーマンミラーストア)
13:10 – デザインセミナー
14:00 – ライドスタート
14:30 – 東京国立近代美術館 (※別途入館料900円が必要)
16:00 – シティライド
18:00 – Rapha Tokyo 到着

※スケジュールは前後する可能性がございますので、予めご了承下さい。

参加条件:
・自転車保険に加入していること。
・身分証明書を携帯すること。
・安全基準を満たした自転車で参加すること。
・ヘルメット着用すること。
・トラブル対応の為のツールを携帯すること。
・未成年者の参加は保護者同伴であること。

ライドについて:
・初心者の方も参加できるソーシャルライドです。
・総走行距離は約20kmとなる見込みです。
・ルートは予告なしに変更される場合があります
・イベント中に於ける事故やトラブル等に関しては、各自の責任に於いて処理をお願い致します。事故・トラブル等についてラファレーシング(株)では一切の責任を負わないものとします。

【お申し込み】
お申し込みは下記のチケット取得よりお願い致します。
https://ti.to/rapha-japan/-ronde-van-event-ride/with/ok0zvbvdg-y

※モバイルキャリアのメールアドレスではご案内が届かない場合もございますので、メールアドレスの登録はPCで使用可能なものをご利用下さい。
※代理でのご登録はご遠慮願います。参加者ご本人様からのご登録をお願いします。

【Rapha】
“世界最高品質のサイクリングウェアとアクセサリーを作る”というミッションを掲げて、2004年に設立されたRapha。サイクリングのエキスパート向けに作られたRaphaのプロダクトは一切の妥協を許さず、上質な生地と材料のみを使用し、他の追随を許さない卓越したレベルのパフォーマンス、快適性、スタイルを備えたウェアやアクセサリーをロードライダーに提供しています。
www.rapha.cc

NEWS 2017.09.20

特別ローン キャンペーン


税込50,000円以上のご購入時に、ハーマンミラーストアローンが金利0%にてご利用頂ける特別ローンキャンペーン。キャンペーン期間も残すところあとわずかとなりました。
是非この機会にご利用下さい。

※ 提携ローン会社の審査の後、契約が成立されます。
※ 特別ローン金利は分割30回払いまで適用されます。

【特別ローン キャンペーン】
期間: 2017年9月30日(土)まで

NEWS, PRODUCT 2017.09.15

贈り物にも最適なイームズハングイットオール


ハーマンミラーストアでは、大切な方への贈り物にぴったりなホームアクセサリーコレクションもご用意しております。

その中でも1953年にチャールズ&レイ・イームズによりデザインされた「イームズハングイットオール」は、イームズらしい遊び心が取り入れられた名作として発表から60年以上経った現在でも多くの人々に愛されています。


当時イームズ夫妻は自分の孫や、友達の子供たちのためにこのハングイットオールをデザインしましたが、その洗練されたフォルムと色使い、実用性は世代を超えて高い評価を得ました。

▷ Online Store

NEWS, PRODUCT 2017.09.1

優雅な存在感を放つネルソンバブルランプ


ジョージ・ネルソンがデザインを手がけた照明シリーズ『ネルソンバブルランプ』に、ロータス フロアランプとロータス テーブルランプが追加されました。

ネルソンバブルランプは、ジョージ・ネルソンがシルクで作られたスウェーデン製の美しいペンダントランプと出会い、自分のオフィスにも美しく輝くランプが欲しいと思ったことがきっかけでデザインされました。ネルソンの見つけたそのランプは、シルクを三角形に裁断し、ワイヤーフレームに縫い付けるというとても手の込んだ技術で作られているため、非常に高額で製作にも長い時間がかかり大量生産には不向きでした。


そこでネルソンは、自らデザインすることにしたのです。
当時米軍が格納されていた軍艦や軍用機の保護用被覆材として使用したホワイトプラスチックのスプレーを用いて最初の試作品をデザインしました。この素材の新たな用途を発見したことにより、滑らかで美しい半透明のシェードが完成します。

現在でも耐久性を向上させるためわずかに改良を加えた以外は、当初と同様にワイヤーフレームにプラスチックコートを吹き付ける手法を用い製造されています。


▷ Online Store

NEWS, PRODUCT 2017.08.18

“美”と”機能”を兼ね備えたエドワード・ウォールのカッティングボード


ハーマンミラーストアでは、アメリカの木工作家 エドワード・ウォールの作品を取り扱っております。

エドワード・ウォールは1967年にワシントン大学をアーロンチェアのデザイナーとして有名なビル・スタンフと共に卒業。以来、ビル・スタンフが亡くなる2006年まで2人の交友関係は続きました。エドワードはビルの仕事のサポートとして椅子の模型やプロトタイプの制作を依頼されました。後にエドワードは『親友、そして指導者としてビルは私に私生活と仕事を通してクラフトマンシップとデザインのガイドを示してくれた。』語っています。


この滑らかで美しいカッティングボードは、どんな食卓の場面でも永く使えるよう、アメリカのエドワードの工房で1点1点丁寧にハンドメイドによって制作されます。
素材に使われているバーズアイメープルは、ハードメープルの中でも500本に1本の確率で発生するという大変貴重なもの。その木目の魅力を存分に引き出し完成されたカッティングボードは、日用品でありながら”美”と”機能”を兼ね備えた芸術品です。

▷ Online Store

HISTORY 2017.08.11

WHY Magazine: フレームの中にあるもの


ハーマンミラージャパンホームページでは、デザイナーのビジョンやそれを手にとる人々、変化する場所など、それぞれの「なぜ」を紐解く物語、『WHYマガジン』を公開しております。

今回はデザイナーのサム・ヘクトとキム・コリンが、ありふれたワイヤー製のバスケットについての考察から、ワイヤーフレームソファグループをデザインするまでのインスピレーションについてご案内します。
▷ 続きを読む

【WHY Magazine】
ハーマンミラーではデザインを通して思考し、学び、コミュニケートしています。デザインは新しいアイデアを共有し、人々が抱えている問題に解決策を提案するための言語です。

何(WHAT)をするか、どのように(HOW)するかを決定する前に、なぜ(WHY)なのかを尋ねなければなりません。WHYマガジンでご紹介するストーリーは、この(WHY)にフォーカスし、ご紹介しています。
ハーマンミラーにとって、デザインとは決して製品だけに関するものではありません。デザイナーのビジョンに始まり、それを手にとる人々や、変わっていく場所に至る物語なのです。是非WHYマガジンで、ハーマンミラーの仕事を動かしている「なぜ」を見つけて下さい。

NEWS 2017.07.31

特別ローン キャンペーン


ハーマンミラーストアでは期間中、製品合計金額が税込50,000円以上のご購入を対象に、ハーマンミラーストアローンが金利0%にてご利用頂ける「特別ローンキャンペーン」を開始致します。お得なこの機会に是非ご利用下さい。

※ 提携ローン会社の審査の後、契約が成立されます。
※ 特別ローン金利は分割30回払いまで適用されます。

【特別ローン キャンペーン】
期間: 2017年8月1日(火) ~ 9月30日(土)

EVENTS, NEWS 2017.07.27

House Industries POP-UP Store


現在ハーマンミラーストアでは、活動25周年を迎えた米国のフォントデザインオフィス「ハウスインダストリーズ」のデザインワークを紐解く本『THE PROCESS IS THE INSPIRATION』の出版を記念し、ハウスインダストリーズポップアップストアを開催中です。

ポップアップストアでは、書籍『THE PROCESS IS THE INSPIRATION』の販売に加え、長崎県の波佐見焼とコラボレーションをした磁器も展示販売を行っております。

Number Collection
(HOUSE INDUSTRIES & HASAMI)
ハウスインダストリーズの「0」から「9」までのフォントをかたどった壁掛けの花瓶。また、フレグランスオイルを入れ、スティックを挿せばリードディフューザーとしても使用が可能です。

Morning Collection
(HOUSE INDUSTRIES & HASAMI)
アメリカの日常的な朝食をイメージしたモーニングコレクション。ハウスインダストリーズの代表的なフォントから「HOUSE」と「HASAMI」の“H”をあしらいました。表面のツヤ、透明感、盛り上がった厚みが特徴の和絵の具を使用しています。

KURAWANKA Collection
(MONOHARA)
波佐見焼の歴史をテーマにしたコレクション。実用品として誕生した波佐見焼らしく、オーブン対応の日常食器です。また各種入れ子収納可能。

【House Industries POP-UP Store】
期間: 2017年7月30日(日)まで

Divider