ACCESS

NEWS, PRODUCT 2017.08.18

“美”と”機能”を兼ね備えたエドワード・ウォールのカッティングボード


ハーマンミラーストアでは、アメリカの木工作家 エドワード・ウォールの作品を取り扱っております。

エドワード・ウォールは1967年にワシントン大学をアーロンチェアのデザイナーとして有名なビル・スタンフと共に卒業。以来、ビル・スタンフが亡くなる2006年まで2人の交友関係は続きました。エドワードはビルの仕事のサポートとして椅子の模型やプロトタイプの制作を依頼されました。後にエドワードは『親友、そして指導者としてビルは私に私生活と仕事を通してクラフトマンシップとデザインのガイドを示してくれた。』語っています。


この滑らかで美しいカッティングボードは、どんな食卓の場面でも永く使えるよう、アメリカのエドワードの工房で1点1点丁寧にハンドメイドによって制作されます。
素材に使われているバーズアイメープルは、ハードメープルの中でも500本に1本の確率で発生するという大変貴重なもの。その木目の魅力を存分に引き出し完成されたカッティングボードは、日用品でありながら”美”と”機能”を兼ね備えた芸術品です。

▷ Online Store

HISTORY 2017.08.11

WHY Magazine: フレームの中にあるもの


ハーマンミラージャパンホームページでは、デザイナーのビジョンやそれを手にとる人々、変化する場所など、それぞれの「なぜ」を紐解く物語、『WHYマガジン』を公開しております。

今回はデザイナーのサム・ヘクトとキム・コリンが、ありふれたワイヤー製のバスケットについての考察から、ワイヤーフレームソファグループをデザインするまでのインスピレーションについてご案内します。
▷ 続きを読む

【WHY Magazine】
ハーマンミラーではデザインを通して思考し、学び、コミュニケートしています。デザインは新しいアイデアを共有し、人々が抱えている問題に解決策を提案するための言語です。

何(WHAT)をするか、どのように(HOW)するかを決定する前に、なぜ(WHY)なのかを尋ねなければなりません。WHYマガジンでご紹介するストーリーは、この(WHY)にフォーカスし、ご紹介しています。
ハーマンミラーにとって、デザインとは決して製品だけに関するものではありません。デザイナーのビジョンに始まり、それを手にとる人々や、変わっていく場所に至る物語なのです。是非WHYマガジンで、ハーマンミラーの仕事を動かしている「なぜ」を見つけて下さい。

NEWS 2017.07.31

特別ローン キャンペーン


ハーマンミラーストアでは期間中、製品合計金額が税込50,000円以上のご購入を対象に、ハーマンミラーストアローンが金利0%にてご利用頂ける「特別ローンキャンペーン」を開始致します。お得なこの機会に是非ご利用下さい。

※ 提携ローン会社の審査の後、契約が成立されます。
※ 特別ローン金利は分割30回払いまで適用されます。

【特別ローン キャンペーン】
期間: 2017年8月1日(火) ~ 9月30日(土)

EVENTS, NEWS 2017.07.27

House Industries POP-UP Store


現在ハーマンミラーストアでは、活動25周年を迎えた米国のフォントデザインオフィス「ハウスインダストリーズ」のデザインワークを紐解く本『THE PROCESS IS THE INSPIRATION』の出版を記念し、ハウスインダストリーズポップアップストアを開催中です。

ポップアップストアでは、書籍『THE PROCESS IS THE INSPIRATION』の販売に加え、長崎県の波佐見焼とコラボレーションをした磁器も展示販売を行っております。

Number Collection
(HOUSE INDUSTRIES & HASAMI)
ハウスインダストリーズの「0」から「9」までのフォントをかたどった壁掛けの花瓶。また、フレグランスオイルを入れ、スティックを挿せばリードディフューザーとしても使用が可能です。

Morning Collection
(HOUSE INDUSTRIES & HASAMI)
アメリカの日常的な朝食をイメージしたモーニングコレクション。ハウスインダストリーズの代表的なフォントから「HOUSE」と「HASAMI」の“H”をあしらいました。表面のツヤ、透明感、盛り上がった厚みが特徴の和絵の具を使用しています。

KURAWANKA Collection
(MONOHARA)
波佐見焼の歴史をテーマにしたコレクション。実用品として誕生した波佐見焼らしく、オーブン対応の日常食器です。また各種入れ子収納可能。

【House Industries POP-UP Store】
期間: 2017年7月30日(日)まで

EVENTS 2017.07.10

ハーマンミラーストアイベントのご案内


7月のイベント
『“THE PROCESS IS THE INSPIRATION” 出版記念 – アンディ・クルズ氏トークイベント』

ハーマンミラーストアでは、活動25周年を迎えた米国のフォントデザインオフィス「ハウスインダストリーズ」のアンディ・クルズ氏をお招きし、5月に出版された彼らのデザインワークを紐解く本『THE PROCESS IS THE INSPIRATION』の出版記念トークショーを開催致します。

現在デトロイトのヘンリーフォード美術館では、本書と連動した企画展『A type of Learning』が開催中ということもあり、今回のトークショーではクリエイティブディレクターのアンディ・クルズ氏が来日。展覧会開催のきっかけともなったハーマンミラーとのコラボレーションの話をはじめ、高い注目をあびている会場の様子をスライドを交えご紹介致します。

『僕が特別なのではなく、誰しもクリエイティブになれるんだよ。』
– (アンディ・クルズ)

彼の基礎である「好きな事から学べ」という考えがどのようにデザインに広がっていくかを語る今回のトークショー、日々をクリエイティブに過ごしたい方には必聴です。

【イベント詳細】
■ 日時: 2017年7月21日(金)
18:30 / 開場
19:00 – 20:30/ トークショー ・ サイン会
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
※ 事前のお申し込みは不要です。
どなたでもご自由にご観覧頂けます。

PRODUCT 2017.07.7

Maharam Stories


『Maharam Stories』は、マレー・モス、ハンス-ウルリッヒ・オブリスト、ジョン・ポーソン、アリス・ローソーン、マイケル・ロック、ステファン・サグマイスターなどのアーティストの幅広いデザイン考察を、マイケル・マハラムが編集し1冊の本として出版されました。


デザインはブックデザイナーで、マイケル・マハラムの友人でもあるイルマ・ボームが担当。横長のページには左側に寄稿者名、右側にストーリーと写真が印刷され、ウェブでは得ることの出来ない遊び心にあふれたデザインになっています。装丁はイタリアでフルカラーで印刷され、小口はコバルトブルーのアクセントカラーでよりいっそう美しさを引き立てています。

『Maharam Stories』
by Michael Maharam with Bailey Salisbury

Skira Rizzoli Publications, Inc. (2015年)
ペーパーバック、284ページ
税込7,992円

マハラムは1902年に米国・ニューヨーク州で創業した、北米を代表する商業施設やレジデンシャル向けインテリアテキスタイルエディターです。デザインに対し厳格かつ包括的であることへの深い献身で広く認識されており、マハラムではプロダクト、グラフィック、デジタルデザインからアートや建築など、幅広い分野よりデザインアイデアを取り入れています。
www.maharam.com

NEWS, PRODUCT 2017.06.30

イームズソファコンパクトの張り替えサービス


ハーマンミラーの環境に対するテーマのなかに『製品を生命あるものとして捉える姿勢』という一文があります。製品やユーザーの背景にあるストーリーを大切にするその考えは、製品を生み出す上で重要な理念となっています。

この度ハーマンミラーストアでは、1954年の発売以来、今日まで製造・販売を続けてきたイームズソファコンパクトの生地張り替えサービスを開始致します。
現在、現行製品(品番: 473 □□□□)では修理対応による座面部品の交換を行っておりますが、以前の製品につきましては、修理対応が行えない場合もございました。新たに始まるこのサービスでは、年代を問わず弊社製造のイームズソファコンパクトであれば、生地の張り替えが可能となります。


張り替えは1902年にニューヨークで創業したテキスタイルメーカー「マハラム社」の生地を使用し、弊社認定国内工場にて手作業で行われます。

世代を越えて受け継ぐことが可能な製品を生み出す企業として、ハーマンミラーの新たな試みです。

▷ イームズソファコンパクト張り替えサービス

HISTORY 2017.06.23

WHY Magazine: 建築家としてのジョージ・ネルソン


ハーマンミラージャパンホームページでは、デザイナーのビジョンやそれを手にとる人々、変化する場所など、それぞれの「なぜ」を紐解く物語、『WHYマガジン』を公開しております。

今回は、デザイナーやライター、編集者、講師など様々な肩書きを持つジョージ・ネルソンの、建築家としての仕事についてご紹介します。ネルソンが友人のジェームス・カークパトリックのために、ミシガン州カラマズーに設計した美しい邸宅にまつわるストーリー。
▷ 続きを読む

【WHY Magazine】
ハーマンミラーではデザインを通して考え、学び、コミュニケートしています。デザインは新しいアイデアを共有し、人々が抱えている問題に解決策を提案するための言語です。

何(WHAT)をするか、どのように(HOW)するかを決定する前に、なぜ(WHY)なのかを尋ねなければなりません。WHYマガジンでご紹介するストーリーは、この(WHY)にフォーカスし、ご紹介しています。
ハーマンミラーにとって、デザインとは決して製品だけに関するものではありません。デザイナーのビジョンに始まり、それを手にとる人々や、変わっていく場所に至る物語なのです。是非WHYマガジンで、ハーマンミラーの仕事を動かしている「なぜ」を見つけて下さい。

NEWS 2017.06.16

エレガントで実用的なキャビネットシリーズ


ジョージ・ネルソンは1952年に、美しく実用的でカスタマイズ可能なこのキャビネットシリーズを発表しました。発売当時は、その頃の多くの家具と同じく素材はローズウッドのみであった為、ローズウッドグループと呼ばれていました。
その後木材の種類が増え、デザインのディテールを統一、1958年に名称が変更されました。この製品の美しい特徴であるドアとドロワーを支える枠が薄いエッジ(シンエッジ)であることにちなみ、『シンエッジグループ』と名称が付けられました。


そして現代でも60年以上前と同様に、エレガントで実用的なこのシリーズは、オリジナルのデザインはそのままに、環境に優しい素材(※1)と仕上げ工程を採用して製造されています。

(※1) 現在「ローズウッド」は環境保護の観点から、ローズウッドの一種「サントスパリサンダー」へ変更致しました。サントスパリサンダーは、FSC(森林管理協議会)によって継続的に成長可能な森林源として認定されている木材で、当時製造していたブラジリアンローズウッドに近い木目が特徴的な木材です。

▷ Online Store

NEWS, PRODUCT 2017.06.9

セイルチェア アーム仕様変更とランバーサポートオプション追加について


セイルチェアのアームが新仕様となりましたのでお知らせ致します。

従来はアームを下げる際に、一度アームを最上部まで強く引き上げることが必要となりましたが、今回の新仕様ではこれらの機構を改善し、高さ調整レバーが付きます。アームパット下部に画像のレバーが付き、アームを調整する際はこのレバーをホールドしながら上下に動かし、段階式にスムーズに調整することが可能となりました。現在、在庫品を含む全てのセイルチェアで新仕様への移行が完了しております。

また2017年より、以前からご要望を多く頂いておりました『ランバーサポートオプション』の選択も可能となりました。この追加オプションにより、従来のサスペンションサポートに加え、腰椎部分に追加されるパットにより今まで以上に長時間のデスクワークへの対応が実現致しました。
・ ランバーサポートオプション (+税込4,320円)

▷ Online Store

Divider