ACCESS

NEWS 2013.09.2

Liveable Office Award 2013 受賞企業発表


ハーマンミラー・アジアパシフィック主催、リバブルオフィスアワード2013 (募集期間:2013年6月10日から7月19日)には、アジアパシフィック各地域から100件を超えるプロジェクトのエントリーを頂きました。
この度ハーマンミラー・アジアパシフィックでは、ワークスペースのデザインがそこで働く人をどのように結びつけるか、オフィスの柔軟性や環境への責任をどのように体現しているか、ブランドの独自性をどう表現しているかという観点から審査を行い、コマーシャルビジネスカテゴリー部門とスモールビジネスカテゴリー部門の2部門でそれぞれ優勝・準優勝を選出致しました。

【コマーシャルビジネスカテゴリー部門 優勝】

受賞企業: The GPT Group
プロジェクト名: MLC Head Office New Work Environment (オーストラリア)
審査員の寸評:
「このプロジェクトでは、同社の仕事についてはっきり理解したことが、熟考され、コントロールされたインテリアに絶妙なニュアンスで表れています。あらゆるソリューションの芽を大事に育てることのできる、現代のオフィス、また未来のオフィスの最適なモデルとなっています。」 – ラジ・ナンダン氏 (Indesignグループ マネージングディレクター)

【スモールビジネスカテゴリー部門 優勝】

受賞企業: Geyer
プロジェクト名: Herald & Weekly Times (オーストラリア)
審査員の寸評:
「現代のワークプレイスは新しいメディアと生産性を上げる新たな手法に追いつく必要があることを明示することで、Geyer社は新聞社のオフィスはかくあるべきという既成概念に挑戦を突きつける新たなヴィジョンを作り上げました。今回のデザインは、オフィスデザインに対するまったく斬新な見方を提示しています。」 – ヒシャム・ユセッフ氏 (アメリカ建築家協会 上海ディレクター)

【コマーシャルビジネスカテゴリー部門 準優勝】
受賞企業: ERGON Energy Brisbane (ERGON Energy Brisbane)

【スモールビジネスカテゴリー部門 準優勝】
受賞企業: SIGNAL Inc. (株式会社ワンオブゼム)

審査員はアントニー・チャン氏(香港インテリアデザイン協会理事長)、喜多俊之氏(日本インテリアデザイナー協会理事長)、ペリー・ウン氏(インテリアデザインコンフェデレーション シンガポール理事長)、ラジ・ナンダン氏(Indesignグループ マネージングディレクター&パブリッシャー)、ヘマント・スッド氏(インドインテリアデザイナーインスティテュート次官)、ヒシャム・ユセッフ氏(アメリカ建築家協会 上海ディレクター)、ハーマンミラー社。

また、コマーシャルビジネスカテゴリー部門で優勝したThe GPT Group (オーストラリア)には現金5,000米ドルが、スモールビジネスカテゴリーで優勝したGeyer (オーストラリア)には5,000米ドル相当のハーマンミラー製品が贈られました。

RSS IconRSS Feed

Divider