ACCESS

EVENTS 2014.04.16

ハーマンミラーストアイベントのご案内


4月のイベント
ハーマンミラージャパン × 石巻工房 × イトナブ × 石巻2.0
石巻 STAND UP WEEK 2014 連動企画
『モノづくりからまちづくりの未来を考える』

2011年、東北の三陸沿岸に大きな被害をもたらした東日本大震災。ダメージの大きかった町のひとつ、石巻では、日本の地域が将来直面する人口流出や少子高齢化等の課題に対し、課題解決に向けた社会的挑戦が生まれています。
他の誰かが決めた手法に頼るのではなく、自分たちの手で作る。世界中から、クリエイティブなアイデアと知恵を持ち寄っ て作る。町を外へ開き、人と人をつなぎ、みんなを巻き込んで作る。
今回のトークセッションでは、震災後石巻で行われてきたモノづくりから考える、日本のまちづくりの未来についてお話し致します。

【プログラム】
・パネラープレゼンテーション (19:00-)
「産業をつくる」 (ハーマンミラージャパン株式会社 代表取締役 松崎勉)
「モノづくりの場所をつくる」 (株式会社石巻工房 代表取締役 芦沢啓治)
「IT × モノづくり」 (一般社団法人イトナブ石巻 古山隆幸)

・トークセッション (20:00-)
「モノづくりからまちづくりの未来を考える」
パネラー: 芦沢啓治、古山隆幸、松崎勉
モデレーター: 松村豪太 (一般社団法人ISHINOMAKI2.0 代表理事)

・ISHINOMAKI2.0 イベントリリース (20:40-)
「石巻 STAND UP WEEK 2014 “未来作りの見本市”」

【ゲスト】

芦沢 啓治
(株式会社石巻工房 代表取締役/芦沢啓治建築設計事務所)
1995年、横浜国立大学建築学科卒業。achitectue WORKSHOPを経て、2002年よりsuper robotに参加。2005年、芦沢啓治建築設計事務所設立。

古山 隆幸 (一般社団法人イトナブ石巻 代表)
1981年生まれ。石巻市出身。石巻市内の複数の高校にてソフ トウェア開発の授業を行う一方で、小学生から大学生が気軽にソフト ウェア開発からデザインについて学べる事務所イトナブ石巻を立ち上 げ活動をしている。コンセプトは「震災10年後の2021年までに1000人のIT 技術者を育てる」

松村 豪太 (一般社団法人ISHINOMAKI2.0 代表理事)
1974年生まれ。東北大学法学部卒業、同大学院法学研究科修了大学院修了後、地元石巻でスポーツを通したまちづくり活動を行う。震災直後から瓦礫撤去、泥かき、仮設住宅団地のコミュニティー形成など復興活動に奔走。ISHINOMAKI2.0の発足後は、復興に留まらないまちづくりのアイデアを次々と実行に移し、内外の様々な人をつなぎながら石巻のバージョンアップを目指す。

松崎 勉 (ハーマンミラージャパン株式会社 代表取締役社長)
宮崎県生まれ。ハーマンミラージャパンの代表に就任する以前は、東京とサンフランシスコで経営コンサルティング、ITベンチャーの経営・起業などに関わる。ハーマンミラーでは、「For a better world」というミッショ ンを実行すべく、通常業務の合間を縫って石巻工房でプロボノワークに没 頭。企業を経済的に成功させつつ社会的な問題も同時に解決する事業の創出を目指している。

【イベント詳細】
■ 日時: 2014年4月23日(水) 19:00 – 21:00 (開場18:30)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 先着50名様 (要予約・参加費無料)

【ご予約方法】
4月22日(火)までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「トークセッション 参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

RSS IconRSS Feed

Divider