ACCESS

NEWS 2014.05.30

ハーマンミラーと環境 【- 明確な未来像を見据えて -】


2002年の取締役会でハーマンミラーの環境ポリシーが承認された後、さらに2004年には「パーフェクト・ヴィジョン・プログラム」を制定しました。
2020年を期限に定め、環境面における意欲的かつ厳格な下記の自主目標を達成すべく取り組みを実施。さらに2010年までに、その80%を達成するよう最大限の努力を続けていくというものです。

・ 揮発性有機化合物(VOCs)の大気中への放出を100%削減 (2010年に81%達成)

・ 製造過程で生じる廃棄物の消費を100%削減 (2010年に75%達成)

・ 有害廃棄物を100%削減 (2010年に95%達成)

・ 埋め立て処理される固形廃棄物を100%削減 (2010年に90%達成)

・ 使用電気エネルギーの100%を再生可能エネルギーに転換 (2010年に100%達成)

・ 当社規定の環境適合設計(DfE)に沿った製品のみの販売・所有、または賃借しているすべての社屋における、米国グリーンビルディング協議会(USGBC)による環境性能評価システムLEED議定書のシルバー認証取得

ハーマンミラーでは絶えざる技術革新と社員の積極的な参加により、上記の目標を完全に達成することを目指しています。また、その進捗状況を確認するため、各項目における実績をモニターし、経営層に対する定期的な報告を実施しています。

RSS IconRSS Feed

Divider