ACCESS

NEWS 2014.08.22

Irving Harper and the Nelson Office – A Fruitful Collaboration


アーヴィン・ハーパーは、グラフィックデザイナー、工業・インテリアデザイナー、建築家、アーティストなど、様々な才能をもった人物です。

彼は1947年から1963年までの間、ネルソンオフィスのデザインディレクターを務め、『ボールクロック (1949年)』や『マシュマロソファ (1956年)』など、20世紀のアイコンとなるデザインの数々を生み出しました。また、1946年に制作されたの“M”をモチーフにしたハーマンミラー社のロゴデザインも彼によるものです。

また、アーヴィン・ハーパーはネルソンオフィスで働いているときから、彫刻への高い関心を持っており、彼の部屋にはペーパークラフトによる数多くの試作と作品が飾られています。2013年には自身のプライベートワークとして制作したペーパークラフトをまとめたコレクションブックも出版しています。

Divider