ACCESS

PRODUCT 2015.04.3

Book Of The Month


『Dieter Rams: As Little Design as Possible』

明確で包括的な美しいプレゼンテーションは、ディーター・ラムスの人生と彼の作品です。本書はそんな彼の仕事、残したもの、彼自身のアイデアに興味がある人にとっては無くてはならない一冊です。


ディーター・ラムスは、20世紀の最も影響力のあるデザイナーのひとりです。もしあなたがすぐに彼の名前にピンとこなかったとしても、彼がデザインをしたラジオや時計、ライター、ジューサーなど数百点もの製品のうち、何れかひとつは必ず使っている事でしょう。
彼は美しいかたちの製品で有名なだけではなく、現代の制御不能な社会に存在する乱雑なデザインに対する正しい機能についての先見の明でも有名です。これらのアイデアは彼の『10の原則』に要約されています。

“優れたデザインとは、革新的で機能的、そして美しい。
優れたデザインとは、容易に受け入れられる。
優れたデザインとは、控えめで、正直であり、耐久性に優れ、徹底し、環境へ配慮している。
そして全ての優れたデザインは、最小限の設計により構成されている。”

本書序文は、アップル社のインダストリアルデザイングループ担当上級副社長 ジョナサン・アイヴが寄稿。新たにディーター・ラムス邸とブラウン社の貴重なアーカイブ写真が掲載された、恐らく最も完璧なディーター・ラムス デザインのコレクションブックとなっている。

『Dieter Rams: As Little Design as Possible』

Sophie Lovell 著
Phaidon (2011)
税込7,992円

RSS IconRSS Feed

Divider