ACCESS

NEWS, PRODUCT 2015.04.28

Isamu Noguchi – AKARI


ハーマンミラーストアでは、彫刻家〈イサム・ノグチ〉がデザインを手掛けた照明「AKARI」シリーズの展示・販売も行っています。

「AKARI」シリーズはイサム・ノグチと、岐阜の伝統的産業である岐阜提灯との出会いの中から1952年に誕生しました。光を柔らかく拡散させる和紙の性質と、骨組みとなる竹ひごを荒く不規則に張りめぐらすことによって、和紙の縮みや、しわをそのまま残し、単なる照明器具では無く、光の彫刻として成り立たせました。
発表後、その軽やかで美しいデザインは世界中で高く評価され、日本グッドデザイン賞受賞やニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションに選定されています。

初期モデル (1950年代)
初期にデザインされたものは白色で、提灯の上下に口輪をあしらった伝統的な日本提灯に似たものでした。三脚のスタンドには三日月型の飾りが付いていました。
日本では白色の提灯は一般的に葬儀用として使われるものが多いため、当初イサム・ノグチは手書きの抽象模様や書をあしらったものも考え、作り出されました。しかし、素朴で現代的な白い提灯は、西洋諸国で大いにもてはやされました。

Dシリーズ・Nシリーズ・Pシリーズ (1960年代)
1963年には竹ヒゴが不規則に巻かれたDシリーズ(Dは“でたらめ”の意)が作り出されました。そして1969年、鏡餅や茄子など多種多様な形をしたNシリーズ(“NEW”あかり)が作られた頃から、バリエーション豊かな展開を示すようになりました。さらに、Pシリーズ(Pは“プレーン”の意)のように、形はシンプルですが竹ヒゴを使わず和紙を折りたたんだ際に生じるしわの陰影を美しく見せようとするものが加わりました。

Fシリーズ・BBスタンド (1970年代)
1971年には、いびつな形のFシリーズも制作されました。このように、伝統的な提灯製造の技術にのっとりさまざまなかたちのものを作り出す一方で、竹ヒゴが生み出す線や和紙が生み出す陰影を効果的に見せようとするあかりも作りだしていきました。
また、卓上や床上用のスタンドのために、イサム・ノグチは種々な材質を使用してデザインを考えていました。1979年、鋳鉄製の台座に竹竿の支柱を取り付けたBBスタンドは誕生しました。

UFシリーズ (1980年代)
1984年、UFシリーズという名称でつくり出されたあかりは、新しい商品群を形成しました。初期のスタンド部分を改良した、蜘蛛の足を連想する脚部が、UFシリーズの特性になっています。BBスタンドやUFシリーズが考案されると、提灯部分とスタンドの組み合わせ型の選択の幅も広がりました。1986年、ベニスのビエンナーレへの出品のため、他に類のないあかりの一群を製作されました。これらが40年間に渡るイサム・ノグチ最後のあかり作品となりました。

Isamu Noguchi
イサム・ノグチは1904年、詩人の父〈野口米次郎〉と作家で教師の母〈レオニー・ギルモア〉の間に生まれる。ニューヨークのレオナルド・ダ・ヴィンチ・スクールにて彫刻を学んだ後、パリに留学、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシのアトリエで働く。以後、北京、インド、日本などを旅する。
札幌市のモエレ沼公園や大阪万博の噴水彫刻、パリ ユネスコ本部の庭園のデザインなど、世界各国で数多くの作品を制作し、グッケンハイム美術館やニューヨーク近代美術館(MoMA)などの企画展へも出展。また、1986年のヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展にはアメリカ代表として出展している。

Divider