ACCESS

NEWS, PRODUCT 2016.02.25

Carafe Table – Celebrating Urban Living –


ハーマンミラーストアでは2月26日(金)より、オーストラリア人デザイナーのチャールズ・ウィルソンがデザインを手掛けた『カラフテーブル (Carafe Table)』を発売致します。

シドニーに拠点を置くカラフテーブルのデザイナー、チャールズ・ウィルソンはこのテーブルのコンセプトについてこう語ります。

『都市の中心地にある僕の住まいでは、ダイニングテーブルが家の中で一番使われる家具であり、生活における全ての作業の中心です。
平日にはダイニングテーブルは静かな窓から港を見渡せる仕事机になり、集中してデザインを仕上げることができます。夜にはよく友人を招き入れ料理を作り、朝方まで会話を楽しみます。週末になるとダイニングテーブルは家族と友人の集まる憩いの場となり、みんなで一緒に料理の準備やカクテルを作ります。

良いダイニングテーブルとは、実用的なワークデスクから美しい食卓、憩いの場へ途切れなく形を変えるべきであり、書類が載っていてもディナーが振舞われていてもどちらのシチュエーションであっても美しく見えるべきであると僕は思います。』


現代の都市生活はとても多忙です。いつ何時でも複数の物事に対応しなければなりません。カラフテーブルはそのような多忙なシチュエーションから逃れ自分の時間または家族や友人と共に安らぎの時間を過ごせる空間をもたらします。働いていても、遊んでいても、製作をしていても、会話をしていても、人を招いてもカラフテーブルはシチュエーションを選ばずあなたのアーバンライフスタイルにフィットします。

カラフテーブルはダイニングエリアをキッチンテーブルエリアにもワークデスクエリアにも変えることができます。カラフテーブルは家庭の様々なイベントの中心であるキッチンテーブルの新しいスタイルを提案します。

Charles Wilson
オーストラリア人デザイナー、チャールズ・ウィルソンはニューサウスウェールズの北中部に位置する小麦農場で育てられました。幼少期の大半を自然の中で過ごした影響もあり彼のデザインは機能性を備えつつ自然材料の質感を生かすところが特徴です。ウィルソンは自然の中での暮らしに大きな関心と興味を抱いており、カントリーライフスタイルに関連する物や形からデザインのインスピレーションを多く受けています。2014年には地元産業への貢献が評価され『INDESIGN』誌のルミナリー賞を授与しました。

Carafe Table
Designed by Charles Wilson
S: W1340 × D860 × H730 mm
L: W1600 × D860 × H730 mm

税込465,480円~

RSS IconRSS Feed

Divider