ACCESS

HISTORY 2017.10.10

WHY Magazine: マックス・デプリー (1924 – 2017)


ハーマンミラージャパンホームページでは、デザイナーのビジョンやそれを手にとる人々、変化する場所など、それぞれの「なぜ」を紐解く物語、『WHYマガジン』を公開しております。

今回はハーマンミラーの創業者D.J.デプリーの息子で、元CEOのマックス・デプリーに関する記事をご紹介します。
マックス・デプリーは1980年から1987年までCEOの役職に就き、ハーマンミラーを世界的家具メーカーへと育て上げました。ハーマンミラーは、マックス・デプリー在任中の1986年に初めてフォーチュン誌の「米国で最も称賛される企業」に選ばれ、その後23年間にわたり21回の受賞を果たしています。また彼は、1992年に「ナショナル・ビジネス・ホール・オブ・フェイム」の殿堂入りを果たし、20年以上にわたり営利、非営利の両分野でリーダーを育成するメンターとして活躍してきました。

著書「響き合うリーダーシップ (LEADERSHIP IS AN ART)」は世界中で20年以上読み継がれ、今もなお読む人に深く静かに感動を与えています。
▷ 続きを読む

【WHY Magazine】
ハーマンミラーではデザインを通して思考し、学び、コミュニケートしています。デザインは新しいアイデアを共有し、人々が抱えている問題に解決策を提案するための言語です。

何(WHAT)をするか、どのように(HOW)するかを決定する前に、なぜ(WHY)なのかを尋ねなければなりません。WHYマガジンでご紹介するストーリーは、この(WHY)にフォーカスし、ご紹介しています。
ハーマンミラーにとって、デザインとは決して製品だけに関するものではありません。デザイナーのビジョンに始まり、それを手にとる人々や、変わっていく場所に至る物語なのです。是非WHYマガジンで、ハーマンミラーの仕事を動かしている「なぜ」を見つけて下さい。

Divider