ACCESS

NEWS, PRODUCT 2018.06.15

An Eames Lounge Chair in Fabric ?


イームズラウンジチェア&オットマンに新しくマハラムのファブリックオプションが追加されました。

『ファブリック?』と疑問に思った方も少なくはないでしょう。1956年に”使い込まれた一塁手のミットのような”デザインとして発売されたこの製品は、ローズウッドと黒革の組み合わせが余りにも有名なので、イメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。

実はイームズ夫妻は、この製品の張地選定時にファブリックを含む多くの素材を試していました。また実際にファブリック張りのラウンジチェア&オットマンは、短期間わずかな数ではありますが、生産されていました。


例えば、チャールズ・イームズが1956年、この製品の広告を撮影した際にも、柔らかく暖かなファブリックが張られたチェアがありました。また、1959年にハーマンミラーのロサンゼルスショールームで撮影された写真でも、アレキサンダー・ジラードのデザインによるファブリック張りのセットが見られます。


今回新たにオプションとして追加された「モヘア・シュプリーム」は100%モヘアの贅沢な手触りが特徴的なファブリックです。起毛の素材感と光沢のある表面が、クラシックなデザインに新しい魅力を加えます。

ハーマンミラーストアでは、実際のファブリックサンプルもご用意しておりますので、ご興味がございましたら是非一度ご来店下さい。

Divider