ACCESS

NEWS, PRODUCT 2019.01.20

Eames Lounge Chair “Tall”


ハーマンミラーストアでは、1956年にイームズ夫妻がデザインを手掛け、今尚ミッドセンチュリーデザインの名作として多くの方に愛される「イームズラウンジチェア&オットマン」のクラシックサイズとトールサイズ両方の展示を行っております。

【クラシックサイズ・トールサイズとは?】


1956年にイームズラウンジチェアが発表されてから半世紀以上もの時が経ち、人々の平均身長や体型・体格は当時と比べ変化しています。イームズ夫妻が理念とした探求や改良を絶え間なく続ける『終わりのないプロセス』の理念に従い、イームズラウンジチェア トールは現代の人々が、現代の住居空間において快適に座ることができるよう新たにデザインされました。

大きさは『クラシック』と『トール』の2サイズあり、イームズ夫妻がデザインを手掛けた1956年のプロポーションに忠実な『クラシック』と、クラシックと比較して高さが約57mm、奥行が約44mm大きくリサイズされた『トール』の選択が行えます。
(※下記のサイズ表はインチ表記です。)


座り比べる事がなかなか難しいサイズの違いも、じっくりとご検討頂けるこの機会に、是非本物がもつ質感やディテールをご体感下さい。

また、その他の仕様変更につきましては、こちらでご紹介しております。

RSS IconRSS Feed

Divider