ACCESS

NEWS 2011.11.11

東日本被災地復興支援 石巻プロジェクト


ハーマンミラーでは各国の社員有志による、石巻でのボランティア活動を行います。

ハーマンミラーでは3.11震災後「MAKE A DIFFERENCE」というスローガンのもと、国内外で様々な支援活動をしてまいりました。
震災から半年経った今、デザインにも何かが出来る、という気持ちで始まった石巻工房(代表 芦沢啓治氏)の活動に賛同し、アメリカ、イギリス、オーストラリア、日本から12名の社員有志によるボランティアチームを結成し、2週間石巻に滞在し、被災地復興支援活動を行う事となりました。

ハーマンミラーでは以前より、デザインは「Problem Solving – 問題解決」する為にあるという信念を持ち、震災から半年経った今何が出来るかを考え、仮設住宅向けの家具制作と、現地の高校生や子供、地域の方と共同でカレンダーやポストカードなどの制作をする事になりました。
家具制作は、デザイナーの芦沢啓治氏、橋本潤氏、藤森泰司氏と地元、石巻工業高校生の生徒がデザインを担当、制作はハーマンミラージャパン 代表取締役社長 松崎勉が率いるハーマンミラーボランティアチームが担当し、仮設住宅へ寄付をします。
また、グラフィックプロダクトをハーマンミラーのバイスプレジデントで、クリエイティブディレクターのスティーブ・フリックホルムが率いるデザインチームが現地の方と協力して制作し、石巻工房を経由してハーマンミラーストアなどの店舗で販売し、その収益の一部を創り手である石巻の人々へ還元致します。

2週間の石巻滞在期間中、数箇所の仮設住宅にお伺いし、家具制作のワークショップやモービル、凧を制作するワークショップを行います。

ボランティア活動期間: 2011年11月13日(日)~2011年11月27日(日)

また、ボランティア活動報告会を2011年11月25日(金)に仙台 TRUNK、11月28日(月)に六本木 デザイン振興会、翌日11月29日(火)にハーマンミラーストアにて行います。

RSS IconRSS Feed

Divider