ACCESS

NEWS, PRODUCT 2011.11.8

LTRT Limited Version


イームズワイヤーベーステーブル『LTRT』は、1950年にチャールズ&レイ・イームズによってデザインされました。コーヒーテーブルやエンドテーブルとして、また並べたり積み重ねたりして自由に使える軽量でコンパクトなこのテーブルは、時として大きな存在感を発揮します。イームズ夫妻がチャーリー・チャップリンやイサム・ノグチなどを日本の「茶の湯」でもてなしたときに使われたテーブルとしても有名です。
LTRT 限定仕様は、ハーマンミラー社と、米国デラウェアのタイポグラフィーデザイン会社 ハウスインダストリーズ社とのコラボレートによって生まれました。天板トップにハウスインダストリーズ イームズ センチュリー モダン フォントのアルファベットや数字、模様をひとつひとつ手作業でプリントした限定仕様は、半世紀を経ても尚色褪せないイームズのデザインに、新たな一面を見せました。

Special Editionはご好評につき完売致しました。
その中から4種類のグラフィックを抜粋して制作された、各50個限定販売のLimited Version も大変好評です。

Limited Version (4種類 各50台) 税込49,350円
イームズフォントの中から「波」・「フローラル」・「E」・「m」の4デザイン、各限定50台のみの限定生産。「波」・「E」・「m」は12月上旬頃、「フローラル」は来年1月上旬頃のお届けとなります。

Divider