ACCESS

NEWS, PRODUCT 2012.06.29

Outdoor Furniture


チャールズ&レイ・イームズがデザインしたイームズアルミナムグループチェアは、1958年に屋外でも使用できる「インドア – アウトドアグループ」として発表されましたが、サラン繊維を張った屋外用の椅子は、間もなく製造中止となり、屋内専用の椅子となりました。近年、耐久性に優れたサスペンション素材が開発され、ハーマンミラーは再びアウトドア用のイームズアルミナムグループチェアを販売致します。
また、これに合わせた大理石の天板トップのアウトドア用テーブル(イームズユニバーサルベーステーブル、イームズワイヤーベーステーブル)の販売も開始致します。これにより、アウトドアでもインドアと同じように高品質で快適な空間をつくることが出来るようになります。

【Eames Aluminum Group Chair】
1950年代半ば、アレキサンダー・ジラードとエーロ・サーリネンは、インディアナ州コロンブスのカミンズエンジンの創業者J. アーウィン・ミラー(J. Irwin Miller)邸をデザインしていました。このプロジェクトにおいて、彼らはチャールズ・イームズに上質な屋外用の家具をなかなか見つけられないと嘆きました。
イームズ夫妻はこの問題を解決するためにデザインを始めました。イームズ夫妻は、素材の特性を忠実に生かすことで知られていますが、ピンと張ったファブリックや合成繊維のメッシュ(サラン繊維)を支えるシートフレームにアルミダイキャストを使用することを考えつき、1958年にハーマンミラーから「インドア – アウトドアグループ」として発売されました。
当時のカタログには、屋内でも屋外でも申し分なくフィットする、多彩で頑丈なものだとうたっています。サラン繊維を張った屋外向けのイームズアルミナムグループチェアは、間もなく製造中止となり、ファブリックやレザーが張られた屋内専用の椅子となりました。

Eames Aluminum Group Chair Outdoor
税込176,400円~

Eames Universal Base Table Outdoor
税込559,650円~

Eames Wire Base Table Outdoor
税込234,150円~

ハーマンミラーストアでは2012年6月30日(土)よりアウトドア家具の販売を開始致します。

Divider