ACCESS

EVENTS 2013.02.25

ハーマンミラーストアイベントのご案内


3月のイベント
『Design Camp : DRILL DESIGNのデザインドリル』

普段はあまり気にかけないモノを、じっくり眺めてみる。
しくみはどうなっているのだろう。どうしてこんな形なのだろう。デザインのヒントは、実はこういうところに隠れていたりします。


木と鮮やかな色紙が織りなす美しいストライプ。これは「合板研究所」がデザインした新しい板材、“Paper-Wood”の断面(木口)です。板を切る角度によって、幾何学模様に視覚的な効果が生まれ、シンプルなのに奥深い表情を見せてくれます。
「合板研究所」は、デザインスタジオ DRILL DESIGNと特注家具設計製作のFULL SWINGが、「材料からデザインできれば、プロダクトの可能が広がるはず」と始めた新しい合板を開発するためのプロジェクト。試行錯誤のすえ、合板の積層部に色紙を挟み、美しい木口を持つ板が誕生しました。ゼロから作るのではなく、すでにあるものに操作を加えることで可能性を引き出す。これもデザインの力です。
本講座では、この“Paper-Wood”のコンセプトを応用して、異素材の組み合わせが楽しいオリジナルの素材と、それを使った自分だけのブロックパズルをつくります。

<講座内容>
『“新しい素材”をデザインする』 3月16日(土) ハーマンミラーストアにて
「Paper-Wood」のコンセプトを応用し、オリジナルな板材をつくります。 色や厚みを考えながら、仕上がりをイメージして自分だけの「素材」をつくります。

『“ブロックパズル”をつくる』 3月23日(土) 目黒区美術館にて
木口(切断面)の視覚的効果を考えながら、板材からブロックを切りだします。単体でも美しく、複数体では遊び心を刺激するウッドオブジェをつくります。

<講師・ゲストについて>
DRILL DESIGN / ドリルデザイン
林裕輔と安西葉子により2001年に設立。プロダクトデザインをベースに、カタログデザイン、パッケージデザイン、VIデザインなどのアートディレクション、展示空間のスペースデザインまで、総合的なディレクションを行いながらデザインに取り組んでいる。その手がけた製品はニューヨーク近代美術館をはじめ、世界の国々で販売されている。Paper-Woodのプロジェクトは、国内をはじめイタリア、フランス、ドイツ、アメリカなど海外からも高い評価を得ている。

FULLSWING / フルスイング
佐藤界と大野雄二による木工家具製作を中心にデザインから製作まで手がけるチーム。DRILL DESIGNと共に合板研究所を立ち上げPaper-Woodを開発。

■ 日程: 2013年3月16日(土)・3月23日(土) ※全2日間
■ 時間: 各日とも13:00~17:00 (休憩含む)
■ 場所:
3月16日(土) ハーマンミラーストア (東京都千代田区丸の内2-1-1)
3月23日(土) 目黒区美術館 (東京都目黒区目黒2-4-36)
■ 対象・定員: 高校生以上、先着20名 (要予約)
■ 参加費: 4,000円 (材料費・保険料込み)
■ 主催:
公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
ハーマンミラージャパン株式会社

■ 申込方法:
メール・FAX・往復はがきのいずれかの方法で、催事名、お名前(ふりがな)、年齢、ご住所、お電話番号(昼間に繋がる連絡先)、FAX番号、メールアドレスを明記の上、下記申込先までお申し込み下さい。メールでお申し込みの場合は、送信時に件名欄へ「デザインキャンプ申込」とご記載下さい。
※ お一人様1応募でお願い致します。
※ 締切日必着となります。
※ 応募者多数の場合は、抽選となります。
※ 締切日終了後、応募者全員へ当選・当選外の旨、ご連絡します。

申込締切は3月4日(月)必着分まで
※ 締切日時点で定員に満たない場合は、応募を引き続き延長する予定です。下記問合せ先までお問い合わせ下さい。

■申込先:
目黒区美術館 「デザインキャンプ」係
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
TEL: 03-3711-9558
FAX: 03-3715-9328
mmatoffice@mmat.jp

RSS IconRSS Feed

Divider