ACCESS

NEWS, PRODUCT 2013.05.11

イームズウッドシェルチェア発表


イームズウッドシェルチェアの起源は、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協同で、背と座が一体の椅子をデザインした1939年まで遡ります。この時はまだ単純な曲面の椅子でしたが、1941年により複雑な曲面をもつ「オーガニックチェア」でチャールズとエーロはニューヨーク近代美術館(MoMA)のコンペティションで優勝します。その後も、イームズ夫妻は、最高のものを多くの人に届けるために、大量生産が可能な、背と座がプライウッドの一体型の椅子を探求しますが、当時の技術では実現できず、1946年に製品化された背と座が分かれたイームズプライウッドチェアを誕生させます。
イームズ夫妻が課題としていた背と座が一体となった椅子を実現できたのは、1948年ニューヨーク近代美術館の「ローコスト家具のための国際デザインコンペ」で2等を受賞したメタルチェアのプランから発展した、1950年に製品化されたプラスチック製の椅子、イームズシェルチェアでした。イームズシェルチェアは、ショックマウントやカラーやベースのオプションなど常に改良が行われ、現在は環境への配慮からシェルの素材をFRPからポリプロピレンに変えて、世界中で今なお愛され続けている名作のひとつになっています。
そしてこの度、イームズ夫妻が試みていた、ウッドで背と座が一体となった快適な座り心地の椅子を、今日の3D成型技術によって完成させ、発表することになりました。造形的な美しさだけでなく、木目の美しさも革新的な成型技術で実現しています。

イームズウッドシェルチェアのシェルは、ウォールナット、ホワイトアッシュ、サントスパリサンダーの3種類から選択可能です。また、ベースのオプションは、ワイヤーベース(ブラックまたはトリバレントクローム)、4レッグベース(ブラックまたはトリバレントクローム)とダウェルベース(メープル、エボニー、ウォールナットの3種類)の全7種類から選択可能です。

8月初旬頃の販売開始に先駆けハーマンミラーストアでは、本日5月11日(土)よりイームズウッドシェルチェアの先行展示を行っております。

Eames Molded Wood Chair
【ワイヤーベース】
DWSR.BK (ブラックベース)
・Walnut / 税込74,550円
・White Ash / 税込86,100円
・Santos Palisander / 税込102,900円
DWSR.47 (トリバレントクロームベース)
・Walnut / 税込76,650円
・White Ash / 税込88,200円
・Santos Palisander / 税込105,000円

【ダウェルベース】
DWSW.Z5 (メープル)
・Walnut / 税込86,100円
・White Ash / 税込97,650円
・Santos Palisander / 税込114,450円
DWSW.EN (エボニー)
・Walnut / 税込89,250円
・White Ash / 税込100,800円
・Santos Palisander / 税込117,600円
DWSW.OU (ウォールナット)
・Walnut / 税込89,250円
・White Ash / 税込100,800円
・Santos Palisander / 税込117,600円

【4レッグベース】
DWSX.BK (ブラックベース)
・Walnut / 税込72,450円
・White Ash / 税込84,000円
・Santos Palisander / 税込100,800円
DWSX.47 (トリバレントクロームベース)
・Walnut / 税込74,550円
・White Ash / 税込86,100円
・Santos Palisander / 税込102,900円

2013年8月初旬頃発売予定
※価格・発売時期は変更する場合がございます。
※発売日が9月14日(土)へ変更となりました。

RSS IconRSS Feed

Divider