ACCESS

EVENTS 2012.10.30

ハーマンミラーポスター展 「Then × Ten」


The Power of the Poster , A Herman Miller Exhibition.

本日から開催されるハーマンミラーポスター展「Then × Ten」では、チャールズ&レイ・イームズ、アレキサンダー・ジラード、スティーブ・フリックホルムの作品を含むハーマンミラーのポスターアーカイブから10作品(Then)と、世界で活躍する現代のアーティストやデザイナーがハーマンミラーのプロダクトをモチーフに制作した新しいポスター10作品(Ten) を、アーロンチェア、イームズシェルチェア、イームズラウンジチェアなどと共に展示致します。

ポスターの持つ力を再認識すると共に、過去を振り返り、未来を創造していくハーマンミラーのデザインの世界をお楽しみ下さい。

ハーマンミラーポスター展
「Then × Ten」

■ 会期: 2012年10月30日(火) ~ 2012年11月7日(水) 12:00-20:00
※10月30日(火)、11月7日(水)は12:00-17:00迄の開催となります。

■ 会場: アクシスギャラリー
〒106-0032
東京都港区六本木5-17-1
TEL: 03-5575-8655
www.axisinc.co.jp/gallery/

EVENTS 2012.10.26

ハーマンミラーストアイベントのご案内


11月のイベント
『ミッドセンチュリーデザインを取り入れた心地よいインテリアスタイリングセミナー』

今年はミッドセンチュリーデザインを代表するデザイナー、イームズ夫妻のレイ・イームズの生誕100周年の年となり、アメリカでもミッドセンチュリーデザインが再び脚光を浴びています。

ハーマンミラーでは、イームズやデザインディレクターであったジョージ・ネルソンがデザインした新作家具の日本導入に際し、ハーマンミラーストアの店内にインテリアスタイリストの作原文子さんによる新作家具を取り入れたスペースを作って頂き、新製品の発表を行います。
この機会に、ハーマンミラーストアでは、「ミッドセンチュリーデザインを取り入れた心地よいインテリアスタイリング」というテーマで作原さんにお話をして頂きます。聞き手には、ミッドセンチュリーデザインに詳しく、常にインスピレーショナルなインテリアスタイリングを提案する「Casa BRUTUS」誌編集長の松原亨さんをお迎え致します。

身の回りにあるモノやお気に入りのモノが、作原さんのスタイリングでそれぞれの場所を見付け、心地よい空間に変わってしまう様はまるでマジックのようです。そのスタイリングの秘訣を伺うまたとない機会となります。

作原 文子 (さくはら ふみこ)

インテリアスタイリスト。岩立通子氏のもとで3年間アシスタントを経験した後、1996年に独立。雑誌、カタログ、TV-CM、エキシビションやショップディスプレイなどのスタイリングを中心に活動。2007年には「恋するマドリ」で初の映画美術にも関わる。
手がける雑誌は、「Casa BRUTUS」「ELLE DECOR」などのインテリア誌、「FIGARO japon」「VOGUE JAPAN」などの女性誌から、「BRUTUS」「HUgE」「MEN’S NON-NO」などの男性誌まで幅広く、日本のインテリアスタイリストとして第一線で活躍。リアルな生活感を持たせつつ、柔軟な感性を活かした独自のミックス感は、男性女性問わず定評がある。

松原 亨 (まつばら こう)

1967年東京生まれ。
1991年早稲田大学政治経済学部卒業、マガジンハウス入社。雑誌「ポパイ」の編集に携わった後、2000年より月刊「Casa BRUTUS」編集部勤務。
2012年同編集部編集長に就任。

【イベント詳細】
■ 日時: 2012年11月1日(木) 18:00 – 19:30 (開場17:30)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 先着30名 (参加費無料・要予約)

【ご予約方法】
10月31日(水) までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「インテリアスタイリングセミナー参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますようお願い致します。

NEWS, PRODUCT 2012.10.22

TIMELESS DESIGN


TIMELESS DESIGN – タイムレスデザイン –
チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソンがミッドセンチュリーにデザインした製品が、再び現代に蘇ります。


ハーマンミラーのクリエイティブディレクターであったジョージ・ネルソンは、1952年のカタログで「モダンリビングの暮らしに合う製品を世に送り出していくことが如何に大切か」を唱えました。この度復刻されるイームズやネルソンの家具は、時代を超えて暮らしを豊かにするでしょう。
ハーマンミラーストアでは、インテリアスタイリストの作原文子さんによるスタイリングで、この新製品を期間中展示致します。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

【新製品展示期間】
2012年11月2日(金) – 2012年11月7日(水)

EVENTS, NEWS, PRODUCT 2012.10.19

DESIGN FOR YOU – “Noritake”


Noritake
広告・書籍・雑誌・ファッション・壁画などでのイラストレーションを中心に活動。国内外での個展、企画展も多数。ノートなどの制作も行う。著書に『IT IS IT』、『PASTURE』などがある。
http://www.noritake.org/

5 Points
Noritake-5Points
1. まず、ひとつの企画の為に、いつもアイデア出しからスタートします。その中には、どうでもいいことも沢山で、どうでもいいことの中に良いアイデアが紛れている事もあります。
2. 机の上でひとしきり考えたあとは、散歩しながら考えを巡らせたり、外出時の電車などでアイデアをノートに残していきます。今回はシェルチェアに座ってみながら考えてみたり。ここで、おおよその形が見えてきました。
3. 描くアイデアがまとまりつつの状態で、ストーリーを付け加える事もあります。今回は人のモチーフが決まりつつあったので、それがどのように椅子に収まっていくのかをイメージする為、コマ漫画ラフを描きました。これで形に加え、このモチーフの実体をつかむ事が出来ました。
4. あとは完成に近いラフを描きます。大きく拡大したものをいくつか用意して、シェルチェアに貼り付けてみて、様子を検証しました。シェルチェアのカーブに手足がかかる位のバランスをここで見つけることが出来ました。
5. 最後にラフを元にペイントしていきました。線の幅や流れに注意をはらいながらの作業です。

インタビュー
【イラストレーターとして活動されるようになった経緯を教えて下さい。】
小さい頃から絵を描くのが好きでした。とはいえ、描く事よりも母親や友達に褒められる事が原動力になっていたと思います。そんな機会が、ほかの仕事で見つけられなかったので、絵を描く仕事が残っていったような気がします。

【今回は「Better World」というテーマで制作を行って頂きました。どのような思いを込めて、制作をされましたか?】
アイデアを考えていく中で、実際に座ってみることにしました。座って、体を揺らしながら、ぼーっとすること、数分。座面のフィット感と前後の揺れが気持ち良くて、頭上を紙がゆらゆら揺れるようなイメージがぼんやりと出てきました。その時に、この感覚を表したいと思いました。

【作り終えてみて、仕上がりはどのように感じていらっしゃいますか?】
紙は結局、人のモチーフに変わって、イメージの膨らむ楽しい作品になったと思っています。

【今回のコラボレーションを通して、ハーマンミラーについて感じたことはありますか?】
座り心地の良さに加え、こんな綺麗なフォルムのものに何を描けば良いのだろうと思いました。普段使いしたいなら、そのまま使えば良いから、間違っていても楽しい方向の提案をするのが良いという思いに至りました。

【イラストレーターとして今後どのようなことにチャレンジしていきたいですか?】
最近、イラストレーションは主に絵を使って、暗がりにあるものに光を当てるような仕事だと思い始めました。暗がりには、クライアントの思いや受け手の見たかったものがあるような気がしています。そういうものを、形にしていける仕事をひとつずつ納得しながら、やっていければ楽しいですね。

DESIGN FOR YOU
http://www.hermanmiller-campaign.jp/

EVENTS, NEWS, PRODUCT 2012.10.18

DESIGN FOR YOU – “KAMI”


KAMI
日常から授かるインスピレーションを曲線に変換し見る者の心に溶かし込む、そのシンプルでいて流動的な作風は自身追求の旅の途中に見た景色の記録でもある。またパートナーSASUとのHITOTZUKI(日と月)としての活動も精力的に行っている。

2010年 六本木クロッシング2010 森美術館など。
2011年 個展 進呼吸 ギャラリーCOMMON 原宿
2011年 HITOTZUKI CONTINUUM ギャラリー72 and Sunny ロサンゼルス

5 Points

1. 今回はこの鉛筆でラインのラフを取ってから塗り行程に入りました。この時点でラインの太さなどを決め、全体的なバランスをイメージしながら進めていきます。
2. ラインの塗り過程です。際のアールが重要なので集中力が必要です。夕日を浴びながら椅子の曲線に合わせて、自分の線を描いていくのは難しかったですが新しい感覚でした。スケートセクションに描く時にも近いような感じがします。
3. 途中後ろにあった製作途中の作品とシンクロする部分が面白かったので写真に納めました。偶然の組み合わせで新しい形が見えてくる、そういうの好きなんです。
4. 使っている黒の塗料です。器の周りにつく黒の形が自然で良いなと思ったのと、黒の光沢が深く綺麗だと思ったので撮りました。
5. 梱包して送ります。入っていたナイロンに入れて箱に入れた時に何故だか不思議なワクワクを感じました。

インタビュー
【アーティストとして活動されるようになった経緯を教えて下さい。】
長年親しんでいるスケートボードを通じてストリートアートやグラフィティという表現に自然と影響を受けたのが始まりです。そこからミューラル(壁画)という表現に出会い、スケートボードで滑る行為と壁に描く行為、両方に共通する楽しみや情熱のエネルギーが、自分のライフスタイルを形成する要素となっています。そして描き続けることで自分自身の持つ可能性や存在意味をより有効活用し広げていけると思い活動を続けています。

【今回は「Better World」というテーマで制作を行って頂きました。どのような思いを込めて、制作をされましたか?】
椅子自体が曲線で形成されているので、その曲面を自分のスタイルで途切れなくクルージングするようなイメージで制作しました。

【作り終えてみて、仕上がりはどのように感じていらっしゃいますか?】
思った以上に曲面に曲線を描くという作業に苦戦したのですが、シンプルな仕上がりで気に入っています。

【今回のコラボレーションを通して、ハーマンミラーについて感じたことはありますか?】
座った時のお尻から背中に感じる曲面のフィット感に感動しました。ずっと揺られて座っていたい心地よさですね。

【アーティストとして今後どのようなことにチャレンジしていきたいですか?】
継続していきます。その過程で波のように来る浮き沈みをどう乗り越えて行くか、そこにチャレンジがあると思います。その経験を生かし作品に反映させ、さらなる進化を目指したいですね。

DESIGN FOR YOU
http://www.hermanmiller-campaign.jp/

EVENTS, NEWS, PRODUCT 2012.10.17

DESIGN FOR YOU – “groovisions”


groovisions
東京を拠点に活動するデザインスタジオ。1993年の設立以来、グラフィックやムービーを中心に様々な領域のデザインを行う。
http://www.groovisions.com

5 Points

1. ペイントの素材となるグラフィックを作成。
2. 現物でペイントのシミュレーション。
3. GRVナンバー、入っています。
4. 仕上げを試行錯誤中。
5. 最後にアクセント。

インタビュー
【デザインオフィスとして活動されるようになった経緯を教えて下さい。】
京都でPIZZICATO FIVEの小西さんのお仕事を手伝ったりしているうちに、だんだんと音楽関係の依頼を頂くようになり、東京に移転、事務所をかまえて、といった経緯です。

【今回は「Better World」というテーマで制作を行って頂きました。どのような思いを込めて、制作をされましたか?】
「Better World」への意思のようなものを、植物の発芽、成長で表してみました。

【作り終えてみて、仕上がりはどのように感じていらっしゃいますか?】
いくつかのプランを試行錯誤したのですが、結果的に満足のいく仕上がりになったと思っています。

【今回のコラボレーションを通して、ハーマンミラーについて感じたことはありますか?】
今回のイームズのチェアは造形としてたいへんユニークであると同時に、椅子の機能を完全に満たしている名作だとつくづく感じました。こうした名作を現代でも製品として普通に手に入れることができることはとても素晴らしいと思います。

【デザインオフィスとして今後どのようなことにチャレンジしていきたいですか?】
「Better World」ではないですが、デザインが、生活をより良い方向に導くための手がかりになればよいと思います。

DESIGN FOR YOU
http://www.hermanmiller-campaign.jp/

EVENTS, NEWS, PRODUCT 2012.10.13

DESIGN FOR YOU


世界に1脚だけのイームズシェルチェア プレゼントキャンペーン “DESIGN FOR YOU”

この度、ハーマンミラーでは日本で活躍するクリエイターに制作を依頼した限定のイームズシェルチェア ロッカーベースをはじめ、ハーマンミラーの人気商品のプレゼントキャンペーン “DESING FOR YOU” を実施致します。

今回のキャンペーンのハイライトは、クリエイターとのコラボレーションによる世界に1脚だけのイームズシェルチェアです。今回コラボレートしたのは、groovisions、KAMI、Noritakeという3組のクリエイター。(※写真左より、groovisions、KAMI、Noritake) ハーマンミラーが掲げた “Better World” (より良い世界)をテーマに制作されました。

テーマの “Better World” (より良い世界)とは、私たちが暮らしている世界を考え、環境保護など様々な活動を通して持続的に暮らしやすい世界にしていこうという、ハーマンミラー全社の理念です。

【“DESIGN FOR YOU” キャンペーン概要】

賞品内容:
RAR Limited Edition × 3 (groovisions、KAMI、Noritake)
SAYL Chair Limited Edition “Ritual Grey”
LTRT Limited Edition “Pattern Ripple”
HIA Limited Edition
Herman Miller Store Original Block Set
(※各賞品1名)

応募期間:
2012年10月9日(火)~2012年11月4日(日)

応募方法:
ご応募は“DESIGN FOR YOU”キャンペーンサイトよりご希望の賞品をお選び頂き、アンケートにお答えの上ご応募下さい。

当選者発表:
厳正な抽選の上、当選者にはメールにてご連絡致します。(2012年11月10日頃予定)

SAYL Chair Limited Edition “Ritual Grey”

イヴ・べアールがデザインしたセイルチェアに、ウォーヴンイメージ社とのコラボレーションでアボリジニーアーティスト「ミニー・プラー」がデザインしたテキスタイルを張った限定仕様。

LTRT Limited Edition “Pattern Ripple”

イームズワイヤーベーステーブルに、アメリカのフォントデザイン会社「ハウスインダストリーズ社」がイームズセンチュリーモダンフォントを手作業でプリントした限定仕様。

HIA Limited Edition

イームズハングイットオールのボールをウォールナット材へ、フレームをブラックへ変更した2010年のハーマンミラーセレクト限定仕様。デッドストック。

Herman Miller Store Original Block Set

「ハウスインダストリーズ社」がハーマンミラーストアの為にデザインをしたストアオリジナルブロック。ハウスインダストリーズ社が日本語のフォントをデザインするのは今回が初めてとなる。

クリエイターとのコラボレーションによるイームズシェルチェアの詳細は、次回より特集ページで詳しくご紹介致しますので、ご期待下さい。

“DESIGN FOR YOU” キャンペーンサイト

PRODUCT 2012.10.7

Book Of The Month


「物物」

著者の猪熊弦一郎は香川県に生まれ、東京美術学校で藤島武二に師事。その後、1936年に新制作派協会(現:新制作協会)を結成、東京、パリ、ニューヨーク、ハワイと活動の拠点を移しながら制作を続けた。マティス、ピカソ、藤田嗣治、マーク・ロスコ、イームズ夫妻、イサム・ノグチなど、さまざまな芸術家と出会い、親交を深めたことでも知られている。日本に最初に持ち込まれたイームズシェルチェアは、イサム・ノグチが剣持勇、猪熊弦一郎贈った2脚と言われています。

著書 『画家のおもちゃ箱』 (文化出版局 1984)でもよく知られるとおり、猪熊弦一郎(1902-1993)には、コレクターとしての一面もありました。と言ってもマニアックな収集ではなく、道で拾ったゴミも高価なアンティークも一様に、猪熊にとって美しい物や愛おしい物が、暮らしのなかで自然と集まったコレクションでした。丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に残されたこれらの物を、新しい本というかたちで紹介した本書。

膨大な量のなかから、スタイリストの岡尾美代子が気になる物をセレクトし、それを写真家のホンマタカシが撮影、デザイナーの菊地敦己が一冊の本にまとめます。タイトルは『物物』。二人で「ブツブツ」言いながら物を選んだり撮ったりしたよという意味です。
新たな視点で紹介された「物物」は、個々の魅力を発揮して、その上で、かつてそれらと共にあった画家の存在をあらためて思い起こさせるでしょう。

「物物」

猪熊弦一郎 集
ホンマタカシ 撮 / 堀江敏幸 文
岡尾美代子 選 / 菊地敦己 編
BOOK PEAK (2012)
税込2,940円

NEWS, PRODUCT 2012.10.2

Aeron Chair 【Herman Miller Store Limited】


1994年の発売以来、全世界で200万人以上に愛用され続けているアーロンチェア。
エルゴノミクスデザイン分野を常に先駆け、世界であまねく知られるワークチェアの象徴的存在のアーロンチェアに直営店限定の3モデルが登場。


Aeron Chair – Graphite Base / Waves “Graphite”
税込164,850円
グラファイトカラーベースのアーロンチェアのシート&バックを、直営店限定色 ウェイブ 『グラファイト』に変更した直営店限定モデル-1。通常のウェイブ 『プラチナ』に比べ、シックでモダンな印象を与えます。


Aeron Chair – Graphite Base / Classic / Leather Arm Pads
税込163,076円
オフィスチェアのアイコンと称される定番中の定番、グラファイトカラーベース / クラシック シート&バック アーロンチェアのアーム パッドをレザーにグレードアップした直営店限定モデル-2。


Aeron Chair – Graphite Base / Tuxedo / Leather Arm Pads / Braking Castor
税込164,430円
グラファイトカラーベース / タキシード シート&バックモデルに、限定モデル-2同様アーム パッドをレザーにグレードアップし、キャスターをブレーキングキャスターに変えた直営店限定モデル-3。座面に座った際の加 重によって解除されるブレーキングキャスターは、通常使用していない時はキャスターが動き難いハードフロア仕様となります。


Aeron Chair Jacket Hanger
税込6,300円
背面フレーム に取り付けるアーロンチェア唯一の追加 オプションパーツ。
脱いだ ジャケットを2つに折って背凭れにかけて皺になってしまった経験がある方におすすめです。

直営店限定3モデル、ジャケットハンガーは全て店頭展示しております。アーロンチェアをご検討中のお客様は、この機会に是非ストアまでお越し下さい。

Divider