ACCESS

PRODUCT 2012.11.29

Book Of The Month


「An Eames Primer イームズ入門」
チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景

『20世紀の座り方』を変えたチャールズ&レイ・イームズ。
だが、彼らは座り方を変えただけではない。座った後に目にするもの、室内の様子や、室内の画面に映し出される映像を変えた。彼らは変化を生み出し、変化を予見し、ひとつの方向を示した。芸術と技術が手を結び、伝統が変化の足がかりとなり、専門的な知識が楽しく学べる、そのような道を示した。(本文より)

そんな彼らのデザインに関する原風景、プロセス、ストーリーなどを、チャールズ・イームズの孫で、現イームズ・オフィス ディレクターのイームズ・デミトリオス氏が綴った本書。
全22章から構成される内容量もさることながら、本書に掲載されている写真はパーソナルなものも多く、チャールズとレイ、2人のフィルターを通して見る『デザイン』を感受出来る、まさに入門書に相応しい1冊。

また、米国カリフォルニアのイームズ・オフィスでの開催をはじめ、2011年9月の香港、2012年1月のジャカルタに続き、いよいよ2012年12月7日(金)よりリビングデザインセンターOZONEにて開催される展覧会『essential EAMES -エッセンシャル・イームズ-』の会場構成は、本書の内容に沿ったものとなっております。

「An Eames Primer イームズ入門」
チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景

イームズ・デミトリオス 著
泉川真紀 監修
助川晃自 訳
日本文教出版 (2004年)
税込3,675円

「An Eames Primer」

Eames Demetrios 著
UNIVERSE PUBLISHING (2001年)
税込3,885円

NEWS, PRODUCT 2012.11.26

Herman Miller Online Store オープン記念特典 オリジナルカレンダープレゼント


ハーマンミラーオンラインストアオープンを記念して、税込2,100円以上の商品をご購入頂いたお客様先着200名様に「2013年 ハーマンミラーオリジナルカレンダー」をプレゼント。先日行われたポスター展『Then × Ten』で、世界で活躍する現代のアーティストやデザイナーがハーマンミラーのプロダクトをモチーフにデザインしたポスターのグラフィックを卓上カレンダーにしました。

※非売品

EVENTS 2012.11.23

ハーマンミラーストアイベントのご案内


12月のイベント
・トークセッション1
(ハーマンミラーストア)
『永遠のデザイナー、チャールズ&レイ・イームズの現在性』

チャールズ&レイ・イームズ夫妻の仕事は、現在でも様々な分野に多くの影響を与え続けています。今回のトークセッションではイームズの孫であり、自身も映像制作などを手掛けるクリエイターで、現在イームズ・オフィスの中心的人物であるイームズ・デミトリオス氏をお迎えし、これまでのチャールズ&レイ・イームズの仕事と活動の軌道から、2人のデザインが生み出す現在性をひも解きます。情報やモノが身近に溢れる今だからこそ、グッドデザインがもたらす豊かさとは何かを再考する機会にしたいと思います。
登壇者は、イームズ・デミトリアス氏、柳本浩市氏(Glyph.代表)、熊谷彰博氏(デザイナー/ディレクター)、加藤孝司氏(デザインジャーナリスト)。

Eames Demetrios (Eames Office)
作家、マルチメディアアーティスト、映像作家。1993年よりイームズ・オフィス(カリフォルニア州サンタモニカ)のディレクターを務める。著書に『Wartime California』、『Changing Her Palette : Painting by Ray Eames』、『An Eames Primer』などがある。またフィルム作品に『77 Steps』、『Powers of Time』、『The Giving』、『Common Knowledge : An Oral History of 1988』、『901 : after 45 years of working』、『Lucy’s House』、『Ping Pong』、マルチメディア作品に『Power of Ten Interactive』、アートワークとして『Mercury Portfolio』、『Kymaerica.com』などがある。

柳本 浩市 (Glyph.代表)
膨大なデータやコレクションから社会学、心理学的に事象を読み取り、さらにそれを実ビジネスに繋げていくという今までと違った形でデザインを基軸とした商品開発、マーケティング、ブランディングなど行う。KDDIのiidaでは、ブランド立ち上げ以前からプロデューサー、アドバイザーとして関わる。国内外の雑誌への連載・執筆も多数。著書に『Design=Social』(ワークスコーポレーション刊)がある。

熊谷 彰博 (デザイナー/ディレクター)
新しい体験をつくる仕事。物事の奥に潜む目的を探り達成させる上で、コンセプト・デザイン・ディレクションを手掛ける。主な仕事にオリンパス純正カメラバッグ「CBG-2」、KDDI iida LIFESTYLE PRODUCTS 「Design Sheet」 「EHON TRAY」、渋谷ヒカリエCreative Lounge MOV 「aiiima」アートディレクション。グッドデザイン賞、DDA賞、SDA賞など受賞歴多数。
http://alekole.jp/

加藤 孝司 (デザインジャーナリスト)
1965年東京生まれ。デザイン・建築・アートなどを横断的に執筆。「伝える」をキーワードにトークショーなども企画している。2011年より、デザイナー、編集者とともに「何に着目すべきか?」を共同主宰。本や批評、場にまつわる活動を展開する。その他の活動に「Hiroshima 2020 Design Charette」(2010年)、「東京クリテリウム・プロジェクト」(2011年〜)など。
http://form-design.jugem.jp/

【イベント詳細】
■ 日時: 2012年12月7日(金) 19:00 – 20:30 (開場18:30)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 先着60名 (参加費無料・要予約)

【ご予約方法】
12月6日(木) までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「イームズトークイベント参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。


・トークセッション2 (リビングデザインセンターOZONE)
『コラボレーション・イームズ ~チャールズ&レイ・イームズが考えたことをめぐって~』

20世紀を代表するデザイナーであるチャールズ&レイ・イームズ夫妻。その仕事は、今も私達の生活に豊かさと共に、喜びと楽しさを与え続けています。本トークセッションでは21世紀における日本でのイームズ紹介に貢献してきた方々をゲストにお迎えし、「もしイームズが現代に生き、デザインやクリエーションをしていたら?」をテーマにざっくばらんに語り合います。

イームズ夫妻が手掛けた家具や空間、写真や映像作品などを手掛かりに、イームズ夫妻の足跡をたどると共に、2人が考えていたことを現在の視点で考察し、その現在性について議論したいと思います。
登壇者は、中原慎一郎氏(ランドスケーププロダクツ代表)、降旗千賀子氏(目黒美術館学芸主査)、太刀川英輔氏(NOSIGNER代表/OLIVE PROJECT代表)、加藤孝司氏(デザインジャーナリスト)。

中原 慎一郎 (ランドスケーププロダクツ代表)
1971年生まれ。千駄ヶ谷にてオリジナル家具、雑貨を販売するショップ「Playmountain」、庭をテーマにした喫茶店「tas yard」、印刷サービスの店「papier labo」、広尾に子供用の服や家具を扱う「CHIGO」を展開する。その他店舗、住宅のデザイン設計施工も行っている。
http://www.landscape-products.net/

降旗 千賀子 (目黒区美術館学芸主査)
武蔵野美術大学大学院修了。画材や素材で構成した81個の引き出しによる「画材と素材の引き出し博物館」を企画制作。主な展覧会としては「色の博物誌シリーズ」を企画。1992年の「青」から、「赤」、「白と黒」、「緑」、2004年の「黄色」まで展覧会とワークショップを同一視点から構成した。デザイン・建築関係では、「建築家 村野藤吾のディテール 旧千代田生命本社図面/写真」展、「チャールズ&レイ・イームズの世界 – 創造の遺産」展(2005)などを担当。イームズ展はハーマンミラージャパンの協力を受け実施、多くのワークショップを開催した。昨年は、「DOMA秋岡芳夫展 – モノへの思想と関係のデザイン」を3年の調査期間を経て実現させた。著作『画材と素材の引き出し博物館』中央公論美術出版ほか。

太刀川 英輔 (NOSIGNER)
「見えない物をつくる職業」という意味を持つデザイン事務所NOSIGNERの創業者。デザインによるソーシャルイノベーションを志し、科学技術・教育・地場産業・新興国支援など、社会的意義を踏まえたデザイン活動を続けている。プロダクトデザイン・アートディレクション・空間デザインなど複数の領域で国際的に高い評価を受けている。被災地で役立つアイデア・デザインをwikipedia形式のwebで共有する「OLIVE PROJECT」代表。
http://nosigner.com/

加藤 孝司 (デザインジャーナリスト)
1965年東京生まれ。デザイン・建築・アートなどを横断的に執筆。「伝える」をキーワードにトークショーなども企画している。2011年より、デザイナー、編集者とともに「何に着目すべきか?」を共同主宰。本や批評、場にまつわる活動を展開する。その他の活動に「Hiroshima 2020 Design Charette」(2010年)、「東京クリテリウム・プロジェクト」(2011年〜)など。
http://form-design.jugem.jp/

【イベント詳細】
■ 日時: 2012年12月14日(金) 19:00 – 20:30 (開場18:30)
■ 場所: リビングデザインセンターOZONE (3F ザ・コンランショップカフェ)
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
TEL: 03-5322-6500
http://www.ozone.co.jp/
■ 定員: 先着60名 (要予約)
■ 参加費: 1,000円 (1ドリンク付き)

【ご予約方法】
セミナー名、お名前(ふりがな)、郵便番号、ご住所、お電話番号を明記の上FAX(03-5322-6635)、またはハガキにてお申込み下さい。OZONEウェブサイトでも受け付けています。

【ハガキ送付先】
〒163-1062
新宿パークタワー内私書箱8125
「イームズトーク」係

※ハーマンミラーストアでは、12月14日(金)のトークセッション2の予約受付は行っておりません。予めご了承下さい。

NEWS 2012.11.19

11.22 (Thur.) Herman Miller Online Store Open


Herman Miller Online Store
http://store.hermanmiller.co.jp/

NEWS, PRODUCT 2012.11.18

Picnic Poster 2012


1970年から1989年にかけて20枚にのぼるハーマンミラー社の伝統あるピクニック・ポスターをデザインしたスティーブ・フリックホルム。25インチ×40インチ サイズに、ミシガン州西部で催される社内ピクニックの食べ物をモチーフとしてデザインされたピクニックポスターシリーズは、ニュー ヨーク近代美術館(MoMA)などにも所蔵され、1983年には、京都国立近代美術館と東京国立近代美術館での『20世紀アメリカのポスター』展にも出品されました。

この度、ハーマンミラーポスター展 『Then × Ten』 を記念して、ピクニックポスターのグラフィックを一堂に集合させ、スティーブ・フリックホルム自らリデザインした「Picnic Poster 2012」が発売になりました。

Stephen Frykholm
スティーブ・フリックホルムは、40年に亘ってハーマンミラー社のグラフィックデザイナーとして活躍、1986年には同社社員に対する最高の表彰であるカール・F・フロスト賞を受賞、2010年にはデザインの最高権威であるアメリカン・インスティテュート・オブ・グラフィックデザイン(AIGA)よりAIGA賞を受賞しました。アニュアルレポートのグラフィックデザインでも高く評価され、『コミュニケーション・アーツ』誌の50周年記念号では、米国のデザイン界のアイコンと評されました。

「Picnic Poster 2012」
size:W1070mm × H393mm (※フレーム付ではありませんのでご注意下さい。)
税込3,000円

NEWS, PRODUCT 2012.11.16

イームズラウンジチェア&オットマン キャンペーン


下記キャンペーン該当商品のイームズラウンジチェア&オットマンセットをご購入のお客様に、ご購入頂いたセットと同じプライウッド天板の『ネルソンエンドテーブル キャンペーン仕様』を1台をプレゼント。ウォールナット、サントスパリサンダー合わせて60セットの数量限定キャンペーンです。

【キャンペーン期間】
2012年11月17日(土)~
※60セット完売後、キャンペーン終了となります。

【キャンペーン該当商品】
Eames Lounge Chair & Ottoman (Walnut)

税込643,650円

Eames Lounge Chair & Ottoman (Santos Palisander)
税込805,350円

※ナチュラルチェリーとホワイトモデルはキャンペーン対象外です。
※ラウンジチェアとオットマンをセットでご購入頂いた方に限ります。

【Nelson End Table】


Top: Walnut / Santos Palisander
※ラウンジチェアと同じプライウッドでも色味や木目が異なる場合があります。
Base: Aluminum Buff Finish
Size: φ430 × H545 mm

保証期間: キャンペーン仕様のネルソンエンドテーブルは保証対象外となります。
生産国: 米国
納期: イームズラウンジチェア&オットマンとは別に納品されます。
※テーブルは2013年1月中旬より納品予定。

EVENTS, NEWS 2012.11.16

Essential Eames


ハーマンミラーでは、ミッドセンチュリーに新しいデザインの潮流を創ったデザイナー、チャールズ&レイ・イームズの生涯をたどる展覧会『essential EAMES -エッセンシャル・イームズ-』を開催致します。
展覧会開催にあたり、関連トークセッションを2012年12月7日(金)と12月14日(金)に開催致します。12月7日(金)のトークセッションには、本展覧会を企画したイームズの孫であり、イームズ・オフィスのディレクター イームズ・デミトリオス氏も来場致します。

展覧会『essential EAMES -エッセンシャル・イームズ-』は、ミッドセンチュリーに新しいデザインの潮流を創ったチャールズ&レイ・イームズのデザイン哲学や精神を見てとることができる展覧会です。本展覧会はイームズ・デミトリオスが綴った書籍 “An Eames Primer” (日本語:『イームズ入門 -チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景-』 日本文教出版)の内容をもとに構成致します。


『essential EAMES』
会期: 2012年12月7日(金) – 2013年1月15日(火) 10:30~19:00
※水曜日(祝日を除く)、12月26日(水) – 1月3日(木) 冬期休館
会場: リビングデザインセンター OZONE (3F OZONEプラザ)
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
03-5322-6500
http://www.ozone.co.jp/
入場料: 無料
主催: ハーマンミラージャパン株式会社
特別協力: リビングデザインセンター OZONE

12月7日(金)と12月14日(金)のトークセッション詳細は後日ご案内致します。

HISTORY 2012.11.9

Herman Miller History


1942年
ギルバート・ローディのデザインによるユニット家具を発売。ハーマンミラーはオフィス家具の市場に参入。少ないコンポーネントを使ってワークステーションをいろいろに組立てられる「EOGコンセプト」が始まる。
ロサンゼルスにも新しいシュールームがオープンする。

1944年
ギルバート・ローディ死去。

Divider