ACCESS

EVENTS, PRODUCT 2013.10.29

For A Better World トークセッションのご案内


スペシャルトークセッション
『ハーマンミラーと石巻工房の“For A Better World”』

甚大な津波被害に遭った石巻の地から生まれたDIY家具メーカー「石巻工房」。発起人であり代表を勤める建築家の芦沢啓治さんと、元鮨職人の工房長 千葉隆博さんをゲストに、ファシリテーターには編集者で石巻工房メンバーの加藤純さん迎え、ハーマンミラージャパン代表取締役 松崎勉とのトークセッションを開催します。
“For A Better World”の理念のもと、全世界から集まったハーマンミラーの社員ボランティアグループと石巻工房による支援活動「Project Japan」をはじめ、これまでの歩みを振り返りながら、今後の展望をそれぞれの視点で語ります。また、特別ゲストにデザイナーの藤森泰司さん (藤森泰司アトリエ 代表)、本多恵三郎さん (リーフデザインパーク株式会社 デザイナー)も参加予定です。お誘い合わせのうえ、是非ともご参加下さい。

【ゲスト】
芦沢 啓治
(石巻工房 代表、芦沢啓治建築設計事務所 代表取締役)
1996年 横浜国立大学建築学科卒業後、architecture WORKSHOP、super robotを経て、2005年に芦沢啓治建築設計事務所設立。正直なデザインを心がけ、建築からプロダクト、家具のデザインまで幅広く活動を展開する。主な受賞にグッドデザイン賞(NOKI)、日本インテリアデザイナー協会賞(PARABOLA LIGHT)、National Architecture Awards:IN AUSTRALIAなど。
www.keijidesign.com

千葉 隆博 (石巻工房 工房長)
1972年生まれ。建築系の学校を卒業後、実家の二代目として父親が経営する鮨店で2011年の震災当日まで鮨職人として従事。店舗は津波で壊滅的な打撃を受け、趣味で培ったDIYスキルで石巻工房の運営に携わるようになる。現在は鮨屋を再建するという父親との確執の中、『一家に1台電動工具を!』のスローガンを掲げ、全国をめぐり積極的に啓蒙活動を行っている。

藤森泰司 (藤森泰司アトリエ 代表)
1991年 東京造形大学造形学部デザイン学科卒業後、家具デザイナー大橋晃朗に師事。1992年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。1999年に藤森泰司アトリエ設立。家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、インテリア・プロダクトデザインの分野で活動中。近年は家具的な思考を掘り下げていくことによって、スケール問わずにさまざまなデザイン分野へ活動領域を広げている。桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学非常勤講師も務める。
www.taiji-fujimori.com

本多恵三郎 (リーフデザインパーク株式会社 デザイナー)
武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業後、家具メーカー、デザイン事務所を経て、2007年よりリーフデザインパークに参加。家具、インテリア、プロダクトデザイン、アートワークを主とした活動を展開。
www.leif-designpark.com

松崎 勉 (ハーマンミラージャパン株式会社 代表取締役)
1965年生まれ。東京大学経済学部卒業、エール大学でMBAを取得。JR東海、マッキンゼー&カ ンパニーを経て、国内外のグラフィックアーツ関連企業、ITベンチャーの代表取締役などを歴任。2007年、ハーマンミラー社の日本法人、ハーマンミラージャパン株式会社の代表取締役に就任。

【ファシリテーター】
加藤 純 (編集者、ライター)
1974年生まれ。建築知識(現:エクスナレッジ)社の『建築知識』編集部を経て2004年独立、コンテクスト主宰。建築・インテリアを中心としたデザイン分野で、プロ向けから一般向けの企画まで編集・執筆を行う。石巻工房メンバー。

【イベント詳細】
■ 日時: 2013年11月1日(金) 19:00 – 20:00 (開場18:30)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 先着50名様 (要予約・参加費無料)
※ トークセッション終了後、21:00まで懇親会を行います。

【ご予約方法】
10月31日(木)までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「トークセッション 参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

石巻工房新作展示期間
2013年10月30日(水) – 2013年11月4日(月)

石巻工房代表でデザイナーの芦沢啓治氏や、ハーマンミラーストアの店舗デザインも手掛けたトラフ建築設計事務所など、国内外のデザイナーや建築家とのコラボレーションにより製作された石巻工房作品を、実際に手に取ってご覧頂ける期間限定ショップがハーマンミラーストアにオープンします。

EVENTS, PRODUCT 2013.10.26

For A Better World


【ハーマンミラーと石巻工房の“For A Better World”】

私たちが暮らしている世界を考え、様々な活動を通じて、持続的に暮らしやすい世界にしていこうという、ハーマンミラーの理念“Better World” (より良い世界へ)。2011年7月、石巻工房はハーマンミラーと出会いました。未曾有の被害に遭った被災地で両者は協働し、少しでもより良い状況をつくり出すことを目指に活動してきました。
今回のイベントでは、石巻工房の新作を、ハーマンミラーのタイムレスな家具と組み合わせて展示し、新しいシーンの中で発表します。石巻工房の「今とこれから」、ハーマンミラーとの関わりについて、展示を通して、またデザイナーを交えたトークセッションを通して余すところなくお伝え致します。

For A Better World – Project Japan
2011年3月11日に日本を襲った壊滅的な地震と津波に対して、当社は救援活動への支援として迅速に50,000ドルを超える寄付を行いました。さらに、ハーマンミラージャパンの代表取締役社長の松崎勉とチームは、最も被害の大きかった480キロメートル圏内にある石巻市に赴きました。現地の組織である石巻工房と協力して、ハーマンミラーのボランティアチームは石巻の住民と一緒に収益につながる新たな技能や方法を開発しました。
2012 Better World Report (日本語版)


石巻工房
石巻工房は津波被害を受けた宮城県石巻中央で、地元の人たちと建築家、デザイナーが中心となり設立された「地域のものづくりのための場」です。復旧や復興のために自由に使える公共的な施設としてスタートし、被災者自らが手を動かすDIY (Do It Yourself)の支援活動を行うほか、メンバーは地元の店舗を復旧。仮設住宅での生活を快適にする家具や夏祭りのイベント用の家具などを制作しました。その後、手づくりにデザインの価値を与え、地域内外で販売するための「石巻工房ブランド」を確立。デザインの力でDIYの可能性を広げるDIYメーカーとして、また地元の人々が自立運営する産業として、地域活性化の起爆剤になることを目指しています。
ishinomaki-lab.org

【石巻工房新作展示期間】
2013年10月30日(水) – 2013年11月4日(月)

【ハーマンミラーと石巻工房の“For A Better World” – スペシャルトークセッション】
■ 日時: 2013年11月1日(金) 19:00 – 20:00 (開場18:30)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 先着50名様 (要予約・参加費無料)
※ トークセッション終了後、21:00まで懇親会を行います。

■ ご予約方法
10月31日(木)までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「トークセッション 参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

【ゲスト】
芦沢 啓治
(石巻工房 代表、芦沢啓治建築設計事務所 代表取締役)
1996年 横浜国立大学建築学科卒業後、architecture WORKSHOP、super robotを経て、2005年に芦沢啓治建築設計事務所設立。正直なデザインを心がけ、建築からプロダクト、家具のデザインまで幅広く活動を展開する。主な受賞にグッドデザイン賞(NOKI)、日本インテリアデザイナー協会賞(PARABOLA LIGHT)、National Architecture Awards:IN AUSTRALIAなど。
www.keijidesign.com

千葉 隆博 (石巻工房 工房長)
1972年生まれ。建築系の学校を卒業後、実家の二代目として父親が経営する鮨店で2011年の震災当日まで鮨職人として従事。店舗は津波で壊滅的な打撃を受け、趣味で培ったDIYスキルで石巻工房の運営に携わるようになる。現在は鮨屋を再建するという父親との確執の中、『一家に1台電動工具を!』のスローガンを掲げ、全国をめぐり積極的に啓蒙活動を行っている。

藤森泰司 (藤森泰司アトリエ 代表)
1991年 東京造形大学造形学部デザイン学科卒業後、家具デザイナー大橋晃朗に師事。1992年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。1999年に藤森泰司アトリエ設立。家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、インテリア・プロダクトデザインの分野で活動中。近年は家具的な思考を掘り下げていくことによって、スケール問わずにさまざまなデザイン分野へ活動領域を広げている。桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学非常勤講師も務める。
www.taiji-fujimori.com

本多恵三郎 (リーフデザインパーク株式会社 デザイナー)
武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業後、家具メーカー、デザイン事務所を経て、2007年よりリーフデザインパークに参加。家具、インテリア、プロダクトデザイン、アートワークを主とした活動を展開。
www.leif-designpark.com

松崎 勉 (ハーマンミラージャパン株式会社 代表取締役)
1965年生まれ。東京大学経済学部卒業、エール大学でMBAを取得。JR東海、マッキンゼー&カ ンパニーを経て、国内外のグラフィックアーツ関連企業、ITベンチャーの代表取締役などを歴任。2007年、ハーマンミラー社の日本法人、ハーマンミラージャパン株式会社の代表取締役に就任。

【ファシリテーター】
加藤 純 (編集者、ライター)
1974年生まれ。建築知識(現:エクスナレッジ)社の『建築知識』編集部を経て2004年独立、コンテクスト主宰。建築・インテリアを中心としたデザイン分野で、プロ向けから一般向けの企画まで編集・執筆を行う。石巻工房メンバー。

EVENTS, PRODUCT 2013.10.24

新製品「Mirra 2」発表会


【新製品「ミラ2チェア」発表会へのご招待】
最も進化したシーティングの新製品、ミラ2チェアの発表会を下記のとおり開催します。ベルリン、スタジオ7.5のデザインによる軽量化されたミラ2チェアをご体験下さい。座る人と一体となって動くミラ2チェア。皆様のご来場をお待ちしております。

【イベント詳細】
■ 日時: 2013年10月28日(月) 18:30 – 21:00 (開場18:00)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840

今回のイベントは予約不要です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さい。
尚、当日はラッキードローやナチュラルワインのテイスティングを予定しています。

NEWS 2013.10.17

ハーマンミラーと環境 【- グリーンビルディング -】


ハーマンミラーの環境への取り組みは製品のみに留まらず、それらを生産・管理する建物にまで向けられています。

近年、環境保護への観点から注目を集めている「グリーンビルディング」。ハーマンミラーの創業者D.J.デプリーは、グリーンビルディングの概念が登場する以前から、自社の敷地に緑地を設け、建物内部に自然光を取り入れる重要性を認識し実行していました。このような実績によりハーマンミラーは米国グリーンビルディング協議会(USGBC)の創設メンバーに加わる事となります。

米国グリーンビルディング協議会(USGBC)は、産業界、環境保護団体、政府機関などからの会員で構成され、建物の環境効率と生産性を高めることを目的に活動しています。ハーマンミラーは、USGBCの設立に携わるだけでなく、USGBCが定める環境性能評価システム「LEED」認証の基準策定にも協力しました。LEED (Leadership in Energy and Environmental Design – エネルギー資源と環境設計に対する指針)とは、USGBCが定める建物と敷地の環境性能を評価する格付制度です。環境に責任を負う建物の評価を下記の5つの部門で行うもので、満点は69点です。LEEDに認証されるには最低でも26点が必要で、33点でシルバー認証、39点でゴールド認証、52点以上ではプラチナ認証という最も高い格付を得ることが出来ます。

1. 維持可能な敷地
2. 水効率
3. エネルギー資源と大気
4. 材料と資源
5. 屋内環境品質

現在ハーマンミラーは、自社施設の建設または改修にあたり、最低でもLEEDのシルバー認証を取得することを定めています。また、米国ミシガン州でLEEDの認証を受けた建物の数が最も多い企業となっています。

HISTORY 2013.10.14

Herman Miller History


1978年
8月21日チャールズ・イームズ死去。イームズ家とイームズオフィスとのコラボレーションにより、以降もハーマンミラーは継続してイームズがデザインを手掛けた家具の製造・販売を続ける。

1984年
ビル・スタンフとドン・チャドウィック設計による「エクアチェア」が発売される。同製品は1989年にタイム誌によって、『全ての人に平等に人間工学を提供する為にデザインされた、真の人間工学椅子』と称され、デザイン部門の80年代最優秀製品に選ばれている。

1986年
ハーマンミラーがフォーチュン誌の『フォーチュン500』に選出される。
長きに亘ってハーマンミラーのデザインディレクターを務めてきたジョージ・ネルソン死去。

PRODUCT 2013.10.10

Book Of The Month


『FRANK LLOYD WRIGHT』

本書は、建築家 フランク・ロイド・ライトの設計した代表的な建築を、数々の写真や設計図と詳細なテキストにより解説した作品集です。フランク・ロイド・ライトは日本でも帝国ホテルの設計を手掛けるなど、最もポピュラーな建築家の1人として知られています。
また彼から影響を受けた多くの建築家やデザイナーの中でも、チャールズ・イームズはワシントン大学建築科在学中、古典建築の伝統を重視する大学のカリキュラムに、当時前衛建築家として知られていたフランク・ロイド・ライトの作品を研究テーマとして提案したところ、教授に強く反対されましたが、その忠告を聞き入れなかった為、2年で退学処分になったというエピソードも残っています。

著者のブルース・ブルックス・ファイファーは、フランク・ロイド・ライト・アーカイブス理事、フランク・ロイド・ライト財団副会長を務め、ライト関連の出版物を多数執筆・編集している。

『FRANK LLOYD WRIGHT』

Bruce Brooks Pfeiffer 著
Peter Gossel / Gabriele Leuthauser 編
Taschen (2008年)
税込1,995円

NEWS 2013.10.3

レザーケアキット プレゼント


ハーマンミラーでは創業者のD.J.デプリーの『我々は環境の善き番人であらねばならない』という言葉の通り、長きに亘り環境保護活動や環境へ配慮したものづくりを続けています。
そのひとつに“良いものを、愛着を持ち、永く使う”という事があげられます。

ハーマンミラーストアでは「Care for Sustanability」の取り組みのひとつとして、期間中税込200,000円以上のレザー製品をご購入頂いた方を対象に『レザーケアキット』のプレゼントキャンペーンを行います。製品をより永く愛用するためには日頃のケアが大切です。特にレザー製品はデリケートで、手の油分や汗などでダメージを受けてしまいます。
定期的なケアにより、レザーに艶やハリが戻り、より永く製品をご愛用頂けます。

【Leather Care Kit】
革製品のクリーニング、保護用に開発された製品キット。
レザーソフトクリーナーは、革製品についた水溶性のシミや日常の使用で発生した汚れを泡で浮かせて除去します。アルコールや軽油等の溶剤が含まれていない水性クリーナーのため、表面効果にダメージを与える事無く洗浄効果を発揮します。レザープロテクションクリームは、革に栄養を与え、革の内側に「バリア」のように通気性の高い保護膜を形成し、蓄積する汚れの浸透を防ぎます。

【Care for Sustanability】
2013年10月3日(木) – 2013年12月31日(火)
ハーマンミラーのものづくりと、環境への取り組みを知って頂くための特別期間。ハーマンミラーは1953年より、『環境に対する善き管理人』を目指して絶えざる努力を続けています。「Care for Sustanability」期間中はハーマンミラーの製品を通じて環境への配慮を見直す取り組みを積極的に行います。

NEWS, PRODUCT 2013.10.1

イームズシェルチェア 5色販売終了


全10色の豊富なカラー展開で販売しておりましたイームズシェルチェアのシェルカラー5色が、2013年10月末で廃番となります。
現在ハーマンミラーストアでは、廃番となる5色を含むラインナップ全10色を展示しております。ご検討中の方は、この機会に是非ともご来店下さい。

【販売終了色】
・ ZH / ライトブルー
・ ZS / ライムグリーン
・ 5B / ジャバ
・ 6Y / ウェハー
・ 92 / グレーストーン

【販売終了日】
2013年10月30日(水) 20:00迄

Divider