ACCESS

EVENTS, NEWS 2014.08.25

The Art and Science of Herman Miller Seating

いよいよ明日26日(火)より、『アート&サイエンス・オブ・ハーマンミラーシーティング (The Art and Science of Herman Miller Seating)』が開催されます。

2012年米国での開催を皮切りに、シンガポール、インドなどアジア・パシフィック地域を巡回、今年5月からは福岡、愛知、滋賀、宇都宮と日本各地域を巡回し、遂に東京での開催となります。
是非この機会に、ハーマンミラーの椅子の歴史に触れてみて下さい。


『The Art and Science of Herman Miller Seating』
ハーマンミラーの椅子の歴史をたどる
アート&サイエンス・オブ・ハーマンミラーシーティング

2014年8月26日(火) – 9月1日(月)

NEWS 2014.08.22

Irving Harper and the Nelson Office – A Fruitful Collaboration


アーヴィン・ハーパーは、グラフィックデザイナー、工業・インテリアデザイナー、建築家、アーティストなど、様々な才能をもった人物です。

彼は1947年から1963年までの間、ネルソンオフィスのデザインディレクターを務め、『ボールクロック (1949年)』や『マシュマロソファ (1956年)』など、20世紀のアイコンとなるデザインの数々を生み出しました。また、1946年に制作されたの“M”をモチーフにしたハーマンミラー社のロゴデザインも彼によるものです。

また、アーヴィン・ハーパーはネルソンオフィスで働いているときから、彫刻への高い関心を持っており、彼の部屋にはペーパークラフトによる数多くの試作と作品が飾られています。2013年には自身のプライベートワークとして制作したペーパークラフトをまとめたコレクションブックも出版しています。

EVENTS 2014.08.17

The Art and Science of Herman Miller Seating


8月のイベント
『The Art and Science of Herman Miller Seating』
ハーマンミラーの椅子の歴史をたどる
アート&サイエンス・オブ・ハーマンミラーシーティング

ハーマンミラーストアでは8月26日(火)より、ハーマンミラーの椅子の歴史をたどる『アート&サイエンス・オブ・ハーマンミラーシーティング (The Art and Science of Herman Miller Seating)』を開始致します。この展示は、2012年米国での開催を皮切りに、シンガポール、インドなどアジア・パシフィック地域を巡回、今年5月より日本各地域で開催されました。

ハーマンミラーは60年以上にわたり、人間を中心に見据えた「問題を解決するためのデザイン」によって、数々のプロジェクトを世に送り出してきました。人間工学に基づいて生まれた革新的なワークチェアと、その開発の背後にある素材の革新やデザインヘリテージをご覧頂ける展示です。
1940年代にチャールズ&レイ・イームズ夫妻が、新しい素材やプロセスを探求し続けてデザインしたイームズプライウッドチェアから、ハーマンミラーの研究開発チームとデザインパートナーが、人間工学、持続可能性、そして求めやすい価格にするための数々の困難を乗り越えて生み出したワークチェアを展示します。

『The Art and Science of Herman Miller Seating』
ハーマンミラーの椅子の歴史をたどる
アート&サイエンス・オブ・ハーマンミラーシーティング

2014年8月26日(火) – 9月1日(月)

EVENTS, NEWS 2014.08.12

アーキテクト・イン・インダストリー: ジョージ・ネルソンオフィスのペンシルドローイング展 トークセッション開催


現在、代官山 蔦屋書店とハーマンミラーストアでは、「アーキテクト・イン・インダストリー: ジョージ・ネルソンオフィスのペンシルドローイング展」が開催されております。

この展示に関連して、8月25日(月)に代官山 蔦屋書店1号館2階 イベントスペースにてトークセッションを開催します。ゲストはデザイナーの林裕輔さん(ドリルデザイン)と、Glyph.代表の柳本浩市さんです。
この機会に知られざるネルソンの魅力に触れてみて下さい。

イベント詳細は代官山 蔦屋書店イベントページにてご確認下さい。

PRODUCT 2014.08.8

Book Of The Month


『herman miller INTERIOR VIEWS』

ハーマンミラーは、ギルバート・ローディがアール・デコ家具をデザインし、大変革をもたらした1930年代以降、アメリカの住宅とオフィス空間の近代化を促進し続けてきました。

本書では、創業初期の頃から、ジョージ・ネルソンやチャールズ&レイ・イームズ夫妻による名高いミッドセンチュリーデザイン、そしてアレキサンダー・ジラードによるテキスタイルデザイン。更に新世代のデザイナーたちによる近年の作品まで、ハーマンミラーの作品によるインテリア空間を、ハーマンミラーのアーカイブから200点以上に及ぶカラー写真とモノクロのビンテージ写真でご紹介します。出来事の詳細な年表とファーニチャーデザインの概論も収録したこの図録は、モダンインテリアデザインの変化の一部を魅力的に描き出す記録となっています。

『herman miller INTERIOR VIEWS』

Leslie Pina 著
Schiffer Publishing Ltd. (1998年)
税込7,462円 / ご購入

EVENTS, NEWS 2014.08.4

アーキテクト・イン・インダストリー: ジョージ・ネルソンオフィスのペンシルドローイング展


ハーマンミラーは8月9日(土)より、代官山 蔦屋書店とハーマンミラーストアにて「アーキテクト・イン・インダストリー: ジョージ・ネルソンオフィスのペンシルドローイング展」を開催致します。

ハーマンミラーのデザインディレクターだったジョージ・ネルソンが率いたネルソンオフィス制作の家具のドローイングを展示致します。これらのドローイングはブループリント図面で、素材情報やサイズ、また設計変更まで言及したものもあり、1946年から1970年迄の間ハーマンミラーが製品化した多くのプロダクトのデザインガイドとなりました。

今回展示を行うドローイングは、スワッグレッグデスクやココナッツチェアなど20世紀のデザインアイコンとなった製品の図面から、製品化されなかったピローバスケットの図面まで全12点となります。ジョージ・ネルソンが1980年代にオフィスをクローズした時に、ハーマンミラーのアーカイブに寄贈した数百ものオリジナル図面から選ばれました。

また期間中、代官山 蔦屋書店とハーマンミラーストアでは下記12点のドローイングプリントを限定販売致します。

【代官山 蔦屋書店】 8点展示

#4751/2 “Typing Unit”
#5474 “Knock-Down Chair”
#5569 “Coconut Chair”
#5670 “Marshmallow Sofa”
#5850 “Swaged Leg Home Desk” DRWG.
#557 “Overstuffed Group-Chair” DRWG.
#665 “Pillow Basket” DRWG.
#751 “Miniature Case With Switch Panel”

【ハーマンミラーストア】 4点展示

#5251 “Rectangular Strut-Leg Coffee Table”
#5672 “Molded Plywood Highback Chair”
#5724 “Chest Cabinet” / “Spring Chair – Conference Version”

〈限定販売について〉
上記12点を、各15枚限定販売致します。
フレーム付: W338 × H444 × D40 mm / 税抜20,000円
フレーム無: W305 × H407 mm / 税抜8,000円

Divider