ACCESS

EVENTS, NEWS 2018.07.28

モダンデザインシティライド with ハーマンミラー


毎年開催しているラファとのシティライドイベントを今年も開催致します。

今年のコラボレーションライドでは、大分県立美術館から始まり、香川県立ミュージアム、東京オペラシティ アートギャラリーと巡回する展覧会『イサム・ノグチ – 彫刻から身体・庭へ -』と連動した企画です。
ラファでは本展と共にイサム・ノグチライドをシリーズで開催して参りました。イサム・ノグチ庭園美術館やモエレ沼公園などを巡る各地域でのライドに続き、8月18日(土)にここ東京でもイサム・ノグチ デザインライド東京を開催致します。世界中に多くの作品を残してきたイサム・ノグチは東京にも多くの作品を残しています。もしかしたら見たことがある庭園や、いつもそこにある作品も、デザインとして日常に溶け込んでいるものまで、サイクリングを通じて芸術がもっと身近な存在となるでしょう。

ご参加を希望される方はリンクよりお申し込み下さい。
ハーマンミラーストアでのお申し込みは行っておりません。

【Rapha】
“世界最高品質のサイクリングウェアとアクセサリーを作る”というミッションを掲げて、2004年に設立されたRapha。サイクリングのエキスパート向けに作られたRaphaのプロダクトは一切の妥協を許さず、上質な生地と材料のみを使用し、他の追随を許さない卓越したレベルのパフォーマンス、快適性、スタイルを備えたウェアやアクセサリーをロードライダーに提供しています。
www.rapha.cc


【イサム・ノグチ デザインライド東京】
展覧会『イサム・ノグチ – 彫刻から身体・庭へ -』と題した展覧会が7月14日から9月24日まで東京オペラシティ アートギャラリーで開催されています。ラファでは本展の開催を記念して草月会館とハーマンミラーストアを合わせたイサム・ノグチ の軌跡をたどるサイクリングを開催致します。

【開催概要】
開催日程: 2018年8月18日(土)
集合場所: ラファ東京
定員: 20名
参加費: 4,000円

【協力】
東京オペラシティ アートギャラリー
一般財団法人草月会
ハーマンミラーストア
ラー・エ・ミクニ

【スケジュール】
9:00 – 集合
9:30 – ライドブリーフォング
10:00 – ライドスタート
17:00 – 終了予定

走行距離: 約20km
獲得標高: 約100m
※ルートは現在作成中です。
※ルートおよび集合場所等の詳細は予告なしに変更される場合があります。最終的な詳細につきましてはご登録いただいたメールにご案内致します。

【お申込み方法】
https://ti.to/raphatokyo/saturday-club-ride/with/y9ycjeskj18

– 右の”登録”よりお進み下さい。
– お名前、メールアドレス、電話番号をご登録下さい。
– ガイダンスに沿って注意事項をご確認下さい。
– お申し込み締め切りは8月16日までとなります。
※モバイルキャリア(携帯電話)のメールアドレスはこちらからの連絡が届かない場合がありますので、必ずPCメールまたはフリーメールをご登録下さい。

NEWS 2018.07.22

Instagram


ハーマンミラージャパンでは、新製品情報、ハーマンミラーストアの旬なアイテムやイベントをお伝えしていくツールとして、公式インスタグラムを開設しております。

ハーマンミラーをより身近に感じて頂ける写真や動画を更新していきますので、是非ともフォローをお願い致します。

Herman Miller Japan – Instagram

NEWS, PRODUCT 2018.07.20

Pattern Tray by Scholten & Baijings


ハーマンミラーオンラインストアでは、ショルテン&バーイングスのディレクションのもとで生まれた特別なマハラムアクセサリーコレクションを販売しております。

【Maharam × Karimoku New Standard】
今回ご紹介するパターントレーは「カリモクニュースタンダード」とのコラボレーションによって生まれました。ショルテン&バーイングスがデザインを手掛けたマハラムのファブリック「ブロック」の模様で彩られたトレーは、色を重ねる事で濃淡が生まれ、美しさを強調しています。




デザイナーのステファン・ショルテンは『9メートルで1つのリピートを持つファブリックも、1メートルのファブリックも同じように魅力的であるべきです。』と説明するようにブロックがこの難しい課題をクリアしていることは、サイズ違いのトレーを見れば一目でわかるでしょう。オリジナルの美しい配色はそのままに、コンポジションとクロップを経てトレーにプリントされたブロックは3種類のトレーをそれぞれユニークなものに仕上げています。

マハラムは1902年に米国・ニューヨーク州で創業した、北米を代表する商業施設やレジデンシャル向けインテリアテキスタイルエディターです。
デザインに対し厳格かつ包括的であることへの深い献身で広く認識されており、マハラムではプロダクト、グラフィック、デジタルデザインからアートや建築など、幅広い分野よりデザインアイデアを取り入れています。

▶ Online Store

EVENTS, NEWS, PRODUCT 2018.07.16

“AKARI” 特別展示販売


ハーマンミラーストアでは7 月14日(土)より、彫刻家イサム・ノグチがデザインを手掛けた照明「AKARI」シリーズを特集した展示を行います。

同日より東京オペラシティ アートギャラリーで開催される展覧会「イサム・ノグチ – 彫刻から身体・庭へ -」に連動した本展示は、通常は取り扱いの無いシリーズを含めた約20点を一堂に展示。イサム・ノグチの世界観を存分に味わえる空間となっています。

【AKARI】
『AKARI』シリーズはイサム・ノグチと、岐阜の伝統的産業である岐阜提灯との出会いの中から1952年に誕生しました。光を柔らかく拡散させる和紙の性質と、骨組みとなる竹ひごを荒く不規則に張りめぐらすことによって、和紙の縮みや、しわをそのまま残し、単なる照明器具では無く、光の彫刻として成り立たせました。発表後、その軽やかで美しいデザインは世界中で高く評価され、日本グッドデザイン賞受賞やニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選定されています。


【Isamu Noguchi】
イサム・ノグチは1904年、詩人の父 野口米次郎と作家で教師の母 レオニー・ギルモアの間に生まれる。ニューヨークのレオナルド・ダ・ヴィンチ・スクールにて彫刻を学んだ後、パリに留学、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシのアトリエで働く。以後、北京、インド、日本などを旅する。札幌市のモエレ沼公園や大阪万博の噴水彫刻、パリ ユネスコ本部の庭園のデザインなど、世界各国で数多くの作品を制作し、グッケンハイム美術館やニューヨーク近代美術館などの企画展へも出展。また、1986年のヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展にはアメリカ代表として出展している。

【”AKARI” 特別展示販売】
2018年7月14日(土) – 8月下旬頃まで

NEWS, PRODUCT 2018.07.2

イームズハングイットオールに新色が登場


洗練されたデザインと高い実用性で人気の名作『イームズハングイットオール』に新色が登場しました。


今回新色として加わったのは、深いブルーのフレームと明るいメープル材のコントラストが爽やかな「ダークブルー」。
帽子、傘、コート、ジャケット、スカーフ、リュックサックなど何でも掛けることができ、実用性に優れたイームズハングイットオールはインテリアスタイリングのアクセントとして万能に使えます。

▶ Online Store

RSS IconRSS Feed

Divider