ACCESS

EVENTS, NEWS 2019.01.11

ハーマンミラーストアイベントのご案内


1月のイベント
『石巻工房ワークショップ: オリジナルの”ISHINOMAKI BIRD”を作ろう!』

石巻工房は「地域のものづくりの場」として2011年に誕生しました。デザインの力でDIYの可能性を広げる「DIYメーカー」として、また地元の人々の自立する小さな産業として、地域活性化する起爆剤になることを目指しています。宮城県石巻市の復興推進からはじまった石巻工房にハーマンミラーは賛同し、様々な復興支援協力を行ってまいりました。


今回のワークショップでは”ISHINOMAKI BIRD KIT”を組立て、やすりをかけ、着色することでオリジナルの”ISHINOMAKI BIRD”を作ります。組み立て作業を通して工房スタッフの皆さんのお話を聞きながら、木の温もりを感じ、森林保全の大切さや被災地の今を知ることが出来ます。是非、楽しい時間を過ごしましょう。

また、ワークショップの開催に併せて2月10日までの2週間、ハーマンミラーストアにて石巻工房のポップアップショップがオープンします。この機会に是非ハーマンミラーストアまでお越し下さい。

“ISHINOMAKI BIRD KIT” 

トラフ建築設計事務所がデザインを手掛けた、木製部品と接着剤で簡単に鳥を作ることが出来るキットです。完成後、頭を回すと鳴き音を発します。

〈トラフ建築設計事務所〉
鈴野浩一と禿真哉により2004年に設立。建築・インテリア・展覧会の会場構成・プロダクトデザイン・空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。主な作品に「テンプレート イン クラスカ」「NIKE 1 LOVE」「港北の住宅」「空気の器」「ガリバーテーブル」「Big T」など。
「光の織機 (Canon Milano Salone 2011)」は、会期中の最も優れた展示としてエリータデザインアワード最優秀賞に選ばれた。2015年「空気の器」が、モントリオール美術館において、永久コレクションに認定。2011年「空気の器の本」、作品集「TORAFU ARCHITECTS 2004-2011 トラフ建築設計事務所のアイデアとプロセス」(ともに美術出版社)、2012年絵本「トラフの小さな都市計画」(平凡社)、2016年「トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト」(TOTO出版)を刊行。
www.torafu.com

〈石巻工房〉
東日本大震災の被災地である宮城県石巻市では「新しい石巻」のまちづくりを目指して、地元の人たちと建築家、クリエイター等が協働して様々なプロジェクトを推進する「ISHINOMAKI 2.0」の活動の一つとして生まれた「石巻工房」。仮設住宅での生活を快適にする為の道具を自分たちで作ろうという目的で、震災直後に地元の人達と建築家、デザイナーが中心となって立ち上げた市民工房です。数多くのもの作りワークショップを通じて地元の人達をつなぐ「コミュニティの場」としてだけではなく、最近は全国、海外からの家具のオーダーも増えており、自立復興に向けた新たな産業の拠点となっています。現在は「ISHINOMAKI 2.0」から独立、2014年に法人化。
ishinomaki-lab.org

【イベント詳細】
■日時: 2019年1月27日(日)
①11:00 – 13:00
②14:00 – 16:00
■場所: ハーマンミラーストア 2F
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1820
■対象: 小学校3年生以上 (お子様から大人までどなたでもご参加頂けます。)
■定員: 各回8名 (要予約・先着順)
■参加費: 税込4,968円 (参加費は当日現金にてお支払い下さい。)
■持ち物: 軍手・エプロン

【ご予約方法】
件名を「石巻工房ワークショップ申し込み」とし「氏名・お電話番号・ご住所・参加人数・年齢・参加希望回」を明記の上、info_storetokyo@hermanmiller.comにメールにてお申し込み下さい。

〈特記事項〉
・参加費は当日現金にてお支払い下さい。
・作業時のケガや事故につきましては、一切責任を負いかねます。予めご了承下さい。
・完成品は当日お持ち帰り頂くか、宅配便でお送り頂くことが可能です。
(ご配送費用はお客様ご負担となります。)

NEWS 2014.07.12

Better World Report


ハーマンミラーでは毎年「Better World Report」を取りまとめ、コミュニティーサービスや、包括性及び多様性、健康及び幸福、さらに環境保護といった4つの分野において、どの位の成果を上げているかをお知らせしております。
これら4つの分野全ての活動を推進することにより、ハーマンミラーがビジネスを行い、サービスや製品を提供しているコミュニティにおいて、先進的な企業市民になりうると考えています。

Better World Report Summary – 日本語版

EVENTS, PRODUCT 2013.10.29

For A Better World トークセッションのご案内


スペシャルトークセッション
『ハーマンミラーと石巻工房の“For A Better World”』

甚大な津波被害に遭った石巻の地から生まれたDIY家具メーカー「石巻工房」。発起人であり代表を勤める建築家の芦沢啓治さんと、元鮨職人の工房長 千葉隆博さんをゲストに、ファシリテーターには編集者で石巻工房メンバーの加藤純さん迎え、ハーマンミラージャパン代表取締役 松崎勉とのトークセッションを開催します。
“For A Better World”の理念のもと、全世界から集まったハーマンミラーの社員ボランティアグループと石巻工房による支援活動「Project Japan」をはじめ、これまでの歩みを振り返りながら、今後の展望をそれぞれの視点で語ります。また、特別ゲストにデザイナーの藤森泰司さん (藤森泰司アトリエ 代表)、本多恵三郎さん (リーフデザインパーク株式会社 デザイナー)も参加予定です。お誘い合わせのうえ、是非ともご参加下さい。

【ゲスト】
芦沢 啓治
(石巻工房 代表、芦沢啓治建築設計事務所 代表取締役)
1996年 横浜国立大学建築学科卒業後、architecture WORKSHOP、super robotを経て、2005年に芦沢啓治建築設計事務所設立。正直なデザインを心がけ、建築からプロダクト、家具のデザインまで幅広く活動を展開する。主な受賞にグッドデザイン賞(NOKI)、日本インテリアデザイナー協会賞(PARABOLA LIGHT)、National Architecture Awards:IN AUSTRALIAなど。
www.keijidesign.com

千葉 隆博 (石巻工房 工房長)
1972年生まれ。建築系の学校を卒業後、実家の二代目として父親が経営する鮨店で2011年の震災当日まで鮨職人として従事。店舗は津波で壊滅的な打撃を受け、趣味で培ったDIYスキルで石巻工房の運営に携わるようになる。現在は鮨屋を再建するという父親との確執の中、『一家に1台電動工具を!』のスローガンを掲げ、全国をめぐり積極的に啓蒙活動を行っている。

藤森泰司 (藤森泰司アトリエ 代表)
1991年 東京造形大学造形学部デザイン学科卒業後、家具デザイナー大橋晃朗に師事。1992年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。1999年に藤森泰司アトリエ設立。家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、インテリア・プロダクトデザインの分野で活動中。近年は家具的な思考を掘り下げていくことによって、スケール問わずにさまざまなデザイン分野へ活動領域を広げている。桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学非常勤講師も務める。
www.taiji-fujimori.com

本多恵三郎 (リーフデザインパーク株式会社 デザイナー)
武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業後、家具メーカー、デザイン事務所を経て、2007年よりリーフデザインパークに参加。家具、インテリア、プロダクトデザイン、アートワークを主とした活動を展開。
www.leif-designpark.com

松崎 勉 (ハーマンミラージャパン株式会社 代表取締役)
1965年生まれ。東京大学経済学部卒業、エール大学でMBAを取得。JR東海、マッキンゼー&カ ンパニーを経て、国内外のグラフィックアーツ関連企業、ITベンチャーの代表取締役などを歴任。2007年、ハーマンミラー社の日本法人、ハーマンミラージャパン株式会社の代表取締役に就任。

【ファシリテーター】
加藤 純 (編集者、ライター)
1974年生まれ。建築知識(現:エクスナレッジ)社の『建築知識』編集部を経て2004年独立、コンテクスト主宰。建築・インテリアを中心としたデザイン分野で、プロ向けから一般向けの企画まで編集・執筆を行う。石巻工房メンバー。

【イベント詳細】
■ 日時: 2013年11月1日(金) 19:00 – 20:00 (開場18:30)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 先着50名様 (要予約・参加費無料)
※ トークセッション終了後、21:00まで懇親会を行います。

【ご予約方法】
10月31日(木)までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「トークセッション 参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

石巻工房新作展示期間
2013年10月30日(水) – 2013年11月4日(月)

石巻工房代表でデザイナーの芦沢啓治氏や、ハーマンミラーストアの店舗デザインも手掛けたトラフ建築設計事務所など、国内外のデザイナーや建築家とのコラボレーションにより製作された石巻工房作品を、実際に手に取ってご覧頂ける期間限定ショップがハーマンミラーストアにオープンします。

EVENTS, PRODUCT 2013.10.26

For A Better World


【ハーマンミラーと石巻工房の“For A Better World”】

私たちが暮らしている世界を考え、様々な活動を通じて、持続的に暮らしやすい世界にしていこうという、ハーマンミラーの理念“Better World” (より良い世界へ)。2011年7月、石巻工房はハーマンミラーと出会いました。未曾有の被害に遭った被災地で両者は協働し、少しでもより良い状況をつくり出すことを目指に活動してきました。
今回のイベントでは、石巻工房の新作を、ハーマンミラーのタイムレスな家具と組み合わせて展示し、新しいシーンの中で発表します。石巻工房の「今とこれから」、ハーマンミラーとの関わりについて、展示を通して、またデザイナーを交えたトークセッションを通して余すところなくお伝え致します。

For A Better World – Project Japan
2011年3月11日に日本を襲った壊滅的な地震と津波に対して、当社は救援活動への支援として迅速に50,000ドルを超える寄付を行いました。さらに、ハーマンミラージャパンの代表取締役社長の松崎勉とチームは、最も被害の大きかった480キロメートル圏内にある石巻市に赴きました。現地の組織である石巻工房と協力して、ハーマンミラーのボランティアチームは石巻の住民と一緒に収益につながる新たな技能や方法を開発しました。
2012 Better World Report (日本語版)


石巻工房
石巻工房は津波被害を受けた宮城県石巻中央で、地元の人たちと建築家、デザイナーが中心となり設立された「地域のものづくりのための場」です。復旧や復興のために自由に使える公共的な施設としてスタートし、被災者自らが手を動かすDIY (Do It Yourself)の支援活動を行うほか、メンバーは地元の店舗を復旧。仮設住宅での生活を快適にする家具や夏祭りのイベント用の家具などを制作しました。その後、手づくりにデザインの価値を与え、地域内外で販売するための「石巻工房ブランド」を確立。デザインの力でDIYの可能性を広げるDIYメーカーとして、また地元の人々が自立運営する産業として、地域活性化の起爆剤になることを目指しています。
ishinomaki-lab.org

【石巻工房新作展示期間】
2013年10月30日(水) – 2013年11月4日(月)

【ハーマンミラーと石巻工房の“For A Better World” – スペシャルトークセッション】
■ 日時: 2013年11月1日(金) 19:00 – 20:00 (開場18:30)
■ 場所: ハーマンミラーストア
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL: 03-3201-1840
■ 定員: 先着50名様 (要予約・参加費無料)
※ トークセッション終了後、21:00まで懇親会を行います。

■ ご予約方法
10月31日(木)までに、お名前と人数、当日の連絡先を明記のうえ、題名を「トークセッション 参加希望」として、info_storetokyo@hermanmiller.com までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

【ゲスト】
芦沢 啓治
(石巻工房 代表、芦沢啓治建築設計事務所 代表取締役)
1996年 横浜国立大学建築学科卒業後、architecture WORKSHOP、super robotを経て、2005年に芦沢啓治建築設計事務所設立。正直なデザインを心がけ、建築からプロダクト、家具のデザインまで幅広く活動を展開する。主な受賞にグッドデザイン賞(NOKI)、日本インテリアデザイナー協会賞(PARABOLA LIGHT)、National Architecture Awards:IN AUSTRALIAなど。
www.keijidesign.com

千葉 隆博 (石巻工房 工房長)
1972年生まれ。建築系の学校を卒業後、実家の二代目として父親が経営する鮨店で2011年の震災当日まで鮨職人として従事。店舗は津波で壊滅的な打撃を受け、趣味で培ったDIYスキルで石巻工房の運営に携わるようになる。現在は鮨屋を再建するという父親との確執の中、『一家に1台電動工具を!』のスローガンを掲げ、全国をめぐり積極的に啓蒙活動を行っている。

藤森泰司 (藤森泰司アトリエ 代表)
1991年 東京造形大学造形学部デザイン学科卒業後、家具デザイナー大橋晃朗に師事。1992年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。1999年に藤森泰司アトリエ設立。家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、インテリア・プロダクトデザインの分野で活動中。近年は家具的な思考を掘り下げていくことによって、スケール問わずにさまざまなデザイン分野へ活動領域を広げている。桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学非常勤講師も務める。
www.taiji-fujimori.com

本多恵三郎 (リーフデザインパーク株式会社 デザイナー)
武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業後、家具メーカー、デザイン事務所を経て、2007年よりリーフデザインパークに参加。家具、インテリア、プロダクトデザイン、アートワークを主とした活動を展開。
www.leif-designpark.com

松崎 勉 (ハーマンミラージャパン株式会社 代表取締役)
1965年生まれ。東京大学経済学部卒業、エール大学でMBAを取得。JR東海、マッキンゼー&カ ンパニーを経て、国内外のグラフィックアーツ関連企業、ITベンチャーの代表取締役などを歴任。2007年、ハーマンミラー社の日本法人、ハーマンミラージャパン株式会社の代表取締役に就任。

【ファシリテーター】
加藤 純 (編集者、ライター)
1974年生まれ。建築知識(現:エクスナレッジ)社の『建築知識』編集部を経て2004年独立、コンテクスト主宰。建築・インテリアを中心としたデザイン分野で、プロ向けから一般向けの企画まで編集・執筆を行う。石巻工房メンバー。

RSS IconRSS Feed

Divider