ACCESS

NEWS, PRODUCT 2014.01.9

Noguchi Rudder Coffee Table 発売


ハーマンミラーストアでは1月16日(木)より、イサム・ノグチのデザインによるテーブル『ノグチラダーコーヒーテーブル』の発売を開始致します。

Noguchi Rudder Coffee Table
Designed by Isamu Noguchi
クロームのレッグと、船の舵を思い起こさせるウッドのレッグを組み合わせたこのテーブルは、1944年に彫刻家イサム・ノグチによってデザインされ、1949年に商品として発表されました。

天板トップは、ウォールナット、エボニー(ブラック)、ホワイトアッシュから選択可能。
税込197,400円

Isamu Noguchi
イサム・ノグチは1904年、詩人の父 野口米次郎と作家で教師の母 レオニー・ギルモアの間に生まれる。ニューヨークのレオナルド・ダ・ヴィンチ・スクールにて彫刻を学んだ後、パリに留学、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシのアトリエで働く。以後、北京、インド、日本などを旅する。
札幌市のモエレ沼公園や大阪万博の噴水彫刻、パリ ユネスコ本部の庭園のデザインなど、世界各国で数多くの作品を制作し、グッケンハイム美術館やニューヨーク近代美術館(MoMA)などの企画展へも出展。また、1986年のヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展にはアメリカ代表として出展している。

【イサム・ノグチとハーマンミラー社】
イサム・ノグチとハーマンミラーの関係は、ハーマンミラーのデザインディレクター、ジョージ・ネルソンが執筆した「How to Make a Table」に、イサム・ノグチがデザインしたテーブルが掲載されたことから始まりました。このテーブルは、世界的に有名なガラス天板の『ノグチテーブル』(右写真)として、1947年にハーマンミラーから発表され、現在も米国ハーマンミラー社で製造販売しています。日本市場においては、2003年にガラス天板の『ノグチテーブル』の販売権がハーマンミラー社からヴィトラ社に移りました。ハーマンミラージャパンが販売するイサム・ノグチデザインのテーブルは、今回発表した『ノグチラダーコーヒーテーブル』のみになります。

EVENTS, PRODUCT 2014.01.6

“AKARI” 展示・販売会


ハーマンミラーストアでは、今月16日(木)より発売となる『Noguchi Rudder Coffee Table』の発表に合わせ、1月9日(木)から1月31日(金)迄の期間中、彫刻家イサム・ノグチがデザインを手掛けた照明「AKARI」シリーズの生産終了品を含めた約50点を一堂に展示・販売致します。

「AKARI」シリーズはイサム・ノグチと、岐阜の伝統的産業である岐阜提灯との出会いの中から1952年に誕生しました。光を柔らかく拡散させる和紙の性質と、骨組みとなる竹ひごを荒く不規則に張りめぐらすことによって、和紙の縮みや、しわをそのまま残し、単なる照明器具では無く、光の彫刻として成り立たせました。
発表後、その軽やかで美しいデザインは世界中で高く評価され、日本グッドデザイン賞受賞やニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションに選定されています。

今回の展示・販売会では、「AKARI」シリーズの現行ラインナップに加え、過去発売していた生産終了作品の展示品販売も行う、貴重な機会となります。尚、生産終了品に関しては現品限りの販売です。予めご了承下さいます様お願い致します。

また、今月下旬にはイサム・ノグチとハーマンミラーの関係性を探るイベントや、ワークショップも予定しておりますので、こちらも合わせてご参加下さい。

Isamu Noguchi
イサム・ノグチは1904年、詩人の父 野口米次郎と作家で教師の母 レオニー・ギルモアの間に生まれる。ニューヨークのレオナルド・ダ・ヴィンチ・スクールにて彫刻を学んだ後、パリに留学、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシのアトリエで働く。以後、北京、インド、日本などを旅する。
札幌市のモエレ沼公園や大阪万博の噴水彫刻、パリ ユネスコ本部の庭園のデザインなど、世界各国で数多くの作品を制作し、グッケンハイム美術館やニューヨーク近代美術館(MoMA)などの企画展へも出展。また、1986年のヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展にはアメリカ代表として出展している。

【“AKARI” 展示・販売会】
期間: 2014年1月9日(木) – 2014年1月31日(金)

NEWS 2013.07.18

iSAMU ~20世紀を生きた芸術家 イサム・ノグチをめぐる3つの物語~


iSAMU ~20世紀を生きた芸術家 イサム・ノグチをめぐる3つの物語~
www.parco-play.com/web/program/isamu/

原案 / 演出: 宮本亜門
出演: 窪塚洋介、美波、ジュリー・ドレフュス、小島聖 他

3年の創作期間を経て宮本亜門が創り出すイサムの世界
窪塚洋介が芸術家イサム・ノグチに挑む!!

【公演日程】
2013年8月15日(木)~2013年8月18日(日) KAAT神奈川芸術劇場 ホール
2013年8月21日(水)~2013年8月27日(火) パルコ劇場 他
2013年8月30日(金) サンポートホール高松 大ホール 19:00開演 (18:30開場)

チケット、公演情報など詳細は公演サイトをご覧下さい。

PRODUCT 2013.05.25

Book Of The Month

『素顔のイサム・ノグチ:日米54人の証言』

イサム・ノグチ庭園美術館の開館3周年を記念して出版された本書は、1999年4月から四国新聞に計50回に亘って連載された『イサム・ノグチ ある彫刻家の世界』をベースに加筆を行い出版されたものとなる。
エッセイには、丹下健三、ショージ・サダオ、三宅一生などが寄稿し、収録されている作品写真やポートレートは、安斎重男、篠山紀信、野口ミチオらが撮影を行うなど、イサム・ノグチの人間性や、各人の切り口で感じるイサム・ノグチの影響などを読み取ることが出来る内容となっている。

また、本書のクリエイティブディレクションを最後に2002年に急逝された田中一光氏による日本語・英語の装丁は、とても美しい。

『素顔のイサム・ノグチ:日米54人の証言』

編集: 四国新聞社
クリエイティブディレクション: 田中一光
アートディレクション: 木下勝弘
ブックデザイン: 木下勝弘 / 徳永明美
四国新聞社 (2002年)
税込3,360円

RSS IconRSS Feed

Divider