ACCESS

HISTORY 2017.06.2

WHY Magazine: レオン・ランズメイヤーと「地面からの高度」


ハーマンミラージャパンホームページでは、デザイナーのビジョンやそれを手にとる人々、変化する場所など、それぞれの「なぜ」を紐解く物語、『WHYマガジン』を公開しております。

今回ご紹介するストーリーは、『AGLテーブル』のデザインも手掛けたデザイナーのレオン・ランズメイヤーと、フォトグラファーのジョーディー・ウッドがニューヨークの街へと出かけ、生活のなかでのテーブルとは何か、そのエッセンスを考察するエピソード。
▷ 続きを読む

【WHY Magazine】
ハーマンミラーではデザインを通して考え、学び、コミュニケートしています。デザインは新しいアイデアを共有し、人々が抱えている問題に解決策を提案するための言語です。

何(WHAT)をするか、どのように(HOW)するかを決定する前に、なぜ(WHY)なのかを尋ねなければなりません。WHYマガジンでご紹介するストーリーは、この(WHY)にフォーカスし、ご紹介しています。
ハーマンミラーにとって、デザインとは決して製品だけに関するものではありません。デザイナーのビジョンに始まり、それを手にとる人々や、変わっていく場所に至る物語なのです。是非WHYマガジンで、ハーマンミラーの仕事を動かしている「なぜ」を見つけて下さい。

NEWS, PRODUCT 2014.10.10

AGL Table 展示開始


現在ハーマンミラーストアでは、10月2日(木)より発売となった新製品「AGLテーブル (AGL Table)」の展示を行っております。

AGLテーブルは、耐久性と美しさを兼ね備えた多目的に使用できるテーブルです。サイズや素材のオプションが豊富で、ダイニングテーブル、ワークテーブル、会議テーブル、またエクゼクティブエリアのテーブルとして、理想のスペースを創出します。
天板トップの縁は、緩やかにカーブしており、前腕に負担をかけることなく快適に作業が行えます。また、ゆったりとした姿勢を促し、集まった人々が寛げる、理想のもてなしの場も演出します。アルミニウム製のベースは、彫刻的なフォルムでありながら広い天板をしっかり支える強さを兼ね備えています。


デザイナーのレオン・ランズメイヤー (Leon Ransmeier)は、航空学のデザインの効率性にならったアプローチで、使用素材を最小限にとどめ、フォルム、プロポーション、スケールを考え抜いてデザインしました。製品名の“AGL”は『アバブ・グラウンド・レベル (地表からの高さ)』という航空用語に因み名付けられました。
仕上げは天板が6種類、ベースが4種類から選択可能。サイズは〈幅1,905mm × 奥行965mm × 高さ724 mm〉から、〈幅5,588mm × 奥行1,219mm × 高さ724 mm〉まで9種類。


AGL Table
Designed by Leon Ransmeier

税込475,200円~

Divider